Archve ArchveArchve Archve Archve

Monthly Archives: 9月 1998

loop loop loop loop loop

Once Bitten…

これは驚き! 似ていると噂には聴いていたが、シンガー Johnny Lande (ex.VAGABOND )の歌声は本当にどこから聴いても往年の Da … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Embossed Dream in Four Acts

神話の国ギリシャから登場したゴシック風味の様式美ドラマティック・デス。 正式メンバーである2名の女声ソプラノを大胆に楽曲の中心に据え、男声デスヴォイス … Continue reading

Posted in Impressions, O | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Deserted Land

これまでHM/HR バンドの出現した記憶のない国、ボスニアから登場したこの NEON KNIGHTS なるバンド、驚くべきことに80年代中~後期の北欧 … Continue reading

Posted in Impressions, N | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Blasphemy

NINNGHIZHIDDA…なんて読めばいいの~?(笑) ・・・と誰もが思うであろうこのバンド、実はなかなかの哀愁センスを発散する良質の美 … Continue reading

Posted in Impressions, N | Leave a comment
loop loop loop loop loop

The Druid Ceremony

何はさて置き、正式メンバーである女性シンガー Tinna Carlsdoller の素晴らしい歌声にクラクラ! メンバーショットでも鋲つきリストバンド … Continue reading

Posted in Impressions, M | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Dark Avenger

の強力なお勧めもあって、このブラジル出身 DARK AVENGER の幻のアルバムであるという本作を GETしに久々に行って来ました、新宿レコード。( … Continue reading

Posted in D, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Backyard Boogaloo

「北欧」を謳いながら明るめのストレートなハードロック中心だった前作 “Smoke and Mirrors” が「そこそこ」だっ … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

The Chemical Wedding

ウォ! カッコイイ! いきなり飛び出すウルトラヘヴィで破壊力抜群の強力リフからして前作とは質感がまるで違う。恐ろしく生っぽいリアルでクリアな録音ながら … Continue reading

Posted in B, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

No Sugar Added

おー、確かにこれまでの VALENTINE のアルバムにそれぞれ収録されてきた(そして魅力でもあった)“The Magic Breeze& … Continue reading

Posted in Impressions, V | Leave a comment
loop loop loop loop loop

’98 Live – Meltdown

電車の中だろうが仕事中だろうが、何処に居ようと “The Hellion” が流れ出た瞬間に、歓喜そして至福の余り、苦痛とさえ … Continue reading

Posted in Impressions, J | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Tyranny

いかにもプログレ然とした場面転換を多用した演劇的手法を緻密に織り込みながらも、米国出身らしい良質の明解さを湛えたキャッチーな歌メロを中心とした解りやす … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Legacy of Kings

早くも新時代のヨーロピアン漢系メタルの雄といった風格すら出てきた HAMMERFALL の2ndは、前作同様にセンスピカイチのメロディラインに彩られた … Continue reading

Posted in H, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Paragraph 3 Museum

過去の資産を焼き直すことに一体どれほどの意味があるのだろう。私はこの Paragraph シリーズが SABER TIGER のレコーディング・アーテ … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Scanning the Greenhouse

オランダの KAIPA のギタリスト Roine Stolt 率いる新進プログレッシブ・バンドのベスト盤。輸入盤で探していたが、なんとこの度、めでたく … Continue reading

Posted in F, Impressions | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Frozen

前作 “Down” はシンガーを普通のダミ声の Ville Laihiala に(なんか変な表現・・・)交代してデスメタルから … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Destiny

Timo Kotipelto はよく健闘している。 “Episode” に収録された “Will the Sun … Continue reading

Posted in Impressions, S | Leave a comment
loop loop loop loop loop

Into the Electric Castle

一見しただけで魅入られてしまうような幻想的なジャケットだけで、まずは高得点獲得決定。(笑) ・・・と冗談はさて置き、Arjen Lucassen (e … Continue reading

Posted in A, Impressions | Leave a comment