Search Results MENU


ELDRITCH
El Nino (1998)

おぉ、化けた感じビンビン。(^_^) 腰の入った硬質なヘヴィ・メタルと、細部まで精密に造り込まれたプログレッシヴ・アレンジ・・・敢えて喩えるならば D … Continue reading


SABER TIGER
Invasion (1998)

SABER TIGER の記念すべきデビューアルバムとなる(注:本サイトでは PARAGRAPH シリーズは正規アルバムに計上していません)92年発表 … Continue reading


WITCHERY
Restless & Dead (1998)

元 SATANIC SLAUGHTER, THE HAUNTED, SEANCE のメンバーを中心とするデスラッシュ。ベース・プレーヤの座には最近副業 … Continue reading


TWIN OBSCENITY
For Blood, Honour and Soil (1998)

ノルウェー・ヴァイキング・デス/ブラック・バンド TWIN OBSCENITY の2nd。 シンセ、アコギ、ピアノ、女声などを駆使してそこそこドラマテ … Continue reading


BESEECH
…from a Bleeding Heart (1998)

マニア心を嫌でもくすぐるユーロ・プログレ的雰囲気バリバリのジャケを手に聴き始めるや、冒頭の “Shadowscape” からい … Continue reading


BORKNAGAR
The Archaic Course (1998)

BORKNAGAR は ARCTURUS,ENSLAVED,GORGOROTH,MOLESTED といったノルウェー・ブラックメタルの有名バンドの猛者 … Continue reading


SAVANNAH
Savannah (1998)

この SAVANNAH は、前身バンドとなる SLYBOYS 同様、88~89年頃に溢れ返っていた典型的アメリカン・メロディック・ハードロックを実践し … Continue reading


RHAPSODY
Symphony of Enchanted Lands (1998)

一瞬の暗転と共にショウの開始を告げるイントロ “Epicus Furor” が大音量で PA から流れ出ると同時に場内に沸き上 … Continue reading


TRILLION
Clear Approach (1980)

TRILLION といえば、TOTO の名盤 “Isolation” で歌っていた Fergie Frederiksen が在 … Continue reading


VENUS & MARS
New Moon Rising (1998)

スイマセン。私も藤木クン同様、この路線にメッチャ弱いんデス。(苦笑) 適度のハードさを持ったギターワークと、空間を華麗に彩るキーボード、ちょっと加工過 … Continue reading


SEX MACHINEGUNS
Sex Machinegun (1998)

聖飢魔II、X-JAPAN、筋肉少女帯、SIAM SHADE ・・・ 非 HM/HR マニアである一般浮動リスナをターゲットにしながらも、果敢にヘヴィ … Continue reading


THE GATHERING
How to Messure a Planet ? (1998)

前作までの風景・有機的なイメージとは趣を異にする機械・科学的なスリーブデザインに一瞬たじろいでしまうが、プレーヤが銀盤を飲みこんでしまえば、やはりそこ … Continue reading


KENZINER
Timescape (1998)

フィンランド出身のネオ=クラシカルギタリスト Jarno Keskinen 率いるこの KENZINER は、ギター&キーボードによるお決まりで新鮮味 … Continue reading


LANA LANE
Ballad Collection (1998)

LANALANE が一部の楽曲で進めていたメタリックなアプローチに少なからず疑問を持っていた私にとっては、彼女の作品の中から「穏やか系」を集めたこの … Continue reading


TRIBE OF GYPSIES
Revolucion 13 (1998)

Roy Z の情熱的な官能のギターには100%心酔しきることができるし、原始的本能の鼓舞を誘うパーカッションも心地よい。ダイナミックな躍動を生み出す … Continue reading


SABER TIGER
Agitation (1998)

一聴して「ヘヴィ」かつ「ソリッド」に作風が変化したのが感じられる94年発表の2nd。 “Motive of the Lie”& … Continue reading

作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する