Search Results MENU


ROYAL HUNT
Fear (1999)

うーん、Andre Andersen のソロと似たような印象だなぁ。「悪くない」「平凡」「地味」「ワンパターン」「シンガー棒読み」・・・。 このバンド … Continue reading


LAKE OF TEARS
Forever Autumn (1999)

もともと好きなバンドではあったのだが、本作ではドゥーミーな暗さ、フォーキーな朴訥さ、サイケデリックな明るさ、アコースティックな美しさが見事に融合。そし … Continue reading


MULLMUZZLER
Keep it to yourself (1999)

James LaBrie のソロ作。MAGNA CARTA 陣がバックを努めていて、聴き応えは充分。 捉えドコロにかける楽曲と、方向性がやや拡散してる … Continue reading


SILENT MEMORIAL
Cosmic Hadball (1999)

Thomas Vikstrom 目当てに買ったが、魅力に乏しいプログレッシブ・メタルにちょっとがっかり・・・。(涙)


METALIUM
Millennium Metal – Chapter One (1999)

・・・メタルファン全員必聴でしょ。コレ。 ひたすら濃い! ひたすら暑い! ひたすら叫べ! ひたすら「を~を~を~」と唄え! ひたすらヘッドバングだ!  … Continue reading


AT VANCE
No Escape (1999)

上質の様式美HR。美味しい~。 それもそのはず。この、超安定テクのネオクラギター& J.S.Soto 似の上手いヴォーカルのコンビは、かの CENTE … Continue reading


AFTERWORLD
Dark Side of Mind (1999)

ウェットな哀愁を撒き散らしながら疾走する、泣きまた泣きの涙腺刺激型正統派欧州パワーメタル。ありそうでなかったタイプ。 IRON MAIDEN+IN F … Continue reading


THYRFING
Valdr Galga (1999)

超大仰ドラマティック&オペラティック&ファンタジック・クラシカル・ヴァイキング・デス。って「BAL-SAGOTHタイプ」ってことなんですが(汗)、本家 … Continue reading


MEGADETH
Risk (1999)

この音楽って、別に MEGADETH がやらんでもええんちゃうん? あ~あ、Marty Friedman もったいね~。


SHY
Let the Hammer Fall (1999)

これホントに新録ぅ?絶対発掘音源だぜ!・・・ってくらい音が悪い。 曲もまぁまぁってレベルで飛びぬけていない。残念だなぁ。やっぱ SHY は「&#822 … Continue reading


GOTTHARD
Open (1999)

イイです。和みます。ヴォーカルの渋い声が心に染みる、レイドバックしたハートフルなハードロック。 仄かな哀愁がいいね。


MICHAEL SCHENKER GROUP
Story Live (1999)

ははは。。。はぁ。もはや「威厳ゼロ」。プレイにも精彩がないねぇ。 ヴォーカルもショボイし。録音も×。


RIOT
Sons of Society (1999)

“Inishmore” で、「ネタ切れ、終わった。」と思ったが、ちょっとだけ復活。が、楽曲のレベルはまだまだ低いね。 ・・・と … Continue reading


PAUL GILBERT
Beehive Live (1999)

いいライブだ~。曲もプレイも充実してて楽しめる。 Jeff Martin のドラム、すげーわ。


DREAMSCAPE
Very (1999)

VANDENPLAS、IVANHOE タイプ。 チョー安定しててレベルは高いが、もうちょっと楽曲に愁い&フックが欲しいトコだなぁ。でも悪くはない。当分 … Continue reading


VARIOUS ARTISTS
ELT Songs from L.A. (1999)

EVERY LITTLE THING の曲を海外アーティストの演奏/歌唱によってリ・レコーディング。哀愁メロディックAORファンは必聴っすよ、これ。マ … Continue reading


STORMLORD
Supreme Art of War (1999)

これまた THYRFING とともに BAL-SAGOTH タイプの良質ファンタジック・シンフォ・ヴァイキング・ブラック。派手派手&正統派メタルのカタ … Continue reading


SOILWORK
The Chainheart Machine (1999)

叙情ギターと曲自体の融合具合は ARCH ENEMY よりも上手いが、メロ自体の扇情力は本家の方が上か?って感じかなぁ。 今回は「チョイ化け」したが、 … Continue reading


A.C.T
Today’s Report (1999)

まんたろうくんオススメ。 確かにいいね。落ち着いた SHADOW GALLERY っつーか、テクニカルな VALENTINE っつーか、クライブ・ノー … Continue reading


MIDNIGHT SUN
Nemesis (1999)

確かにメロメロ!最高傑作でしょう。いいギタリスト入れたな。 トゲがとれてスムースになった。いいよ~。


GARDENIAN
Soulburner (1999)

Eric Hawk (ex.ARTCH) に尽きる!! やっぱいいシンガーだわ。それ抜きでも整合感溢れる硬質メロデスは流石。


ARK
Ark (1999)

「拡散する」プログレッシヴ・メタル。 ちょっと悪い意味での「ゴッタ煮感」が強いかも。


LUCA TURILLI
King of the Nordic Twilight (1999)

うははは。RHAPSODY やん。これ。好き好き。(笑) シンガーは言われてるより良い。上手いよ。 このジャーマンっぽい明快さは、RHAPSODY に … Continue reading


IAN PARRY'S CONSORTIUM PROJECT
Ian Parry’s Consortium Project (1999)

意外にもハードポップ色皆無のHM。「テクニカルなDIO」って趣だ。 メンツ的な期待に十二分に堪える力作だねぇ。 当然唄は云う事無し。


THE CORRS
Forgiven, Not Forgotten (1999)

アイリッシュ・ポップ・グループ、95年のデビュー作。ワケあって入手。・・・しっかし、人生変わるほど良いよ! これ! 哀愁メロディック AOR マニアで … Continue reading


YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE
Alchemy (1999)

ははは。弾きすぎ、弾きすぎだよ、あんた。(笑) 相変わらずです。はい。素晴らしい。一生付いていきます。(笑2) 冗談はさて置き、今までのどの作品にも似 … Continue reading


MR.BIG
Get Over It (1999)

イイ感じです。メッチャ地味だけど。(苦笑) Eric Martin が妙に気合入ってて可笑しい。 自分より唄が上手いメンバーが入ったプレッシャーは相当 … Continue reading


EVEREVE
Regret (1999)

昨年リリースされた 2nd アルバム “Stormbirds” のロマンティック哀愁叙情ゴシック・メタル・サウンドに猛烈にハマ … Continue reading


MOB RULES
Savage Land (1999)

「ヘボジャケで損してる大賞」があったら、間違いなくノミネートされるであろうダメダメジャケの下には、印象的で大仰なメロディを配した、恥かしいほどに実直な … Continue reading


MILLENIUM
Angelfire (1999)

おぉ、これは我々オヤジメタラー(苦笑)が思い浮かべるメロディック・ハード・ロックの一つの理想の姿では? 哀愁たっぷりのキャッチーなメロディとそれを彩る … Continue reading


TRISTANIA
Beyond the Veil (1999)

た、たまらん! 漢ならこの魅惑のヌードジャケで早くもノックアウトだろう! もちろん美貌の巨乳フィメールシンガー Vibeke Stene にも!! ・ … Continue reading


WITHOUT GRIEF
Absorbing the Ashes (1999)

ハイクオリティだったにせよ、モロ INFLAMES フォロワーだったサウンドから、AT THE GATES スタイルの剛健さをプラスした独自の味わいを … Continue reading

作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する