Search Results MENU


SAGRADO
A Leste do Sol, Oeste da Lua (2000)

「南米の巨星」と喩えられるブラジリアン・シンフォ・プログレッシヴの雄 SAGRADO の、約10年ぶりの新作。 英語で “East of … Continue reading


PARADOX
Collision Course (2000)

中心人物であるシンガー/ギタリスト Charly Steinhauer によって見事な復活を遂げたジャーマン・スラッシャー PARADOX 渾身の一撃 … Continue reading


THY MAJESTIE
The Lasting Power (2000)

クサメタラー悶絶必至のイタリアン・メディヴァル・オーケストラル・クサメタル・バンド THY MAJESTIE のデビュー作となる、架空の地 Hatar … Continue reading


TRAIL OF TEARS
Profoundemonium (2000)

前作 “Disclosure in Red” に封じ込められた激情の攻撃的女声ゴシック=デス・メタルをもって私をノックアウトさ … Continue reading


HAMMERFALL
Renegade (2000)

いつのまにかこんなところに雇われていた Anders Johansson にビックリの(笑)鎧のメタル騎士団 HAMMERFALL の新作は、冒頭を飾 … Continue reading


JOURNEY
Arrival (2000)

Steve Perry の後任シンガーに Steve Augeri を迎えたこの新作は、紛れもなく JOURNEY 独特の色彩に染まっている。 メロウ … Continue reading


HELLOWEEN
The Dark Ride (2000)

いや~、HELLOWEEN、良いアルバム作ったな。まるで彼ら自身が何かを見付けたかの如く充実した楽曲が目白押しで、全体的なバランスも(ビジュアルイメー … Continue reading


SARAH BRIGHTMAN
La Lunar (2000)

クラシック/ポップシンガー SARAH BRIGHTMAN の、主に「月」をテーマにした楽曲を収録した新作は、Yu Chyi で卒倒したソプラノ女声マ … Continue reading


THE HAUNTED
Made Me Do It (2000)

近い将来、THE CROWN と共に北欧爆裂デスラッシュ軍団の両巨頭として君臨するであろう THE HAUNTED のこの新作、デビュー作より破壊力を … Continue reading


THE SIGN
Signs of Life (2000)

TOUCH の Mark Mangold、ZEBRA の Randy Jackson、KANSAS の Billy Greer、RAINBOW の B … Continue reading


PAIN OF SALVATION
The Perfect Element (2000)

今後 DREAM THEATER を凌駕する可能性のある唯一のバンド、PAIN OF SALVATION 待望の新作は、ロック史に永遠に歴史に語り継が … Continue reading


GARDENIAN
Sindustries (2000)

前作 “Soulburner” では元 ARTCH の銘シンガー Eric Hawk の正統メタル歌唱を大胆に導入し、正統派H … Continue reading


SORG
Enigma Grotesque (2000)

Scarlet Records が万を持して放つこの SORG、いやはや凄い。一音一音がベテラン級の抑揚に包まれたアダルト・テクニカル・プログレッシヴ … Continue reading


SKYCLAD
Folkemon (2000)

ブリティッシュ・フォークロア・メタルの祖 SKYCLAD とは、ここ数作は齧り聴きする程度ですっかり疎遠になっていたものの、本作は各所での好評を聞きつ … Continue reading


TWILIGHT GUARDIANS
Tales of the Brave (2000)

そのバンド名からして、そそられずにはいられない(笑)フィンランド産のネオ=クラシカル・パワー・メタル・バンド、TWILIGHT GUARDIANS の … Continue reading


BLINDMAN
…In the Dark (2000)

次作への期待を抱かせる・・・どころか、この新曲5曲だけでも十分に満腹になるほどに楽しめるミニ・アルバムで、全編でこれまでよりいくらか肩の力が抜けてきた … Continue reading


CREMATORY
Act Seven (1999)

先月購入した新作 “Believe” に心酔して購入した、彼らの最高傑作との誉れ高い昨年発表の前作。 イイね! うん、噂通りの … Continue reading


CATAMENIA
Eternal Winter’s Prophecy (2000)

フィンランド産極寒シンフォニック・メロディック・ブラック。 クオリティこそ他から抜きん出て高かったものの、その聊か類型的かつ起伏の少ないサウンドに、聴 … Continue reading


DISPATCHED
Motherwar (2000)

DISPATCHED は、スウェディッシュ疾走クサメロ・デス。 いきなり “アルプス一万尺” っぽいメロのイントロで幕を開ける … Continue reading


CONVINCED
The Carnival (2000)

中音域で淡々と唄うおかっぱっ娘 Jessica Johansson の女声ヴォーカルを中心に据えた正統派スウェディッシュ・へヴィ・メタル。 ツインギタ … Continue reading


ENCHANT
Juggling 9 or Dropping 10 (2000)

米産拡散浮遊系プログレッシヴ・ハード。 デビュー作 “A Brueprint of the World” で聴かせてくれた、あ … Continue reading


LIZZY BORDEN
Deal with the Devil (2000)

Lizzy is Back !! オリジナル・メンバーはドラムの Joey Scott のみで、その他は多くのゲストがサポートしている。(David … Continue reading


PRETTY MAIDS
Carpe Diem (2000)

最初一回聴いたときは超退屈に感じてしまい、ついつい「なんじゃこりゃあ!」((c)ジーパン)と叫んじまった。 が、何が何が!  “Back … Continue reading


VALENSIA
Gaia II (2000)

原点回帰を連想させるそのアルバムタイトルに込められた意味どおり、あの名作 “Gaia” のマジカルな雰囲気に包まれている。 Q … Continue reading

作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する