Impressions MENU

AMORPHIS / Am Universum (2001)

投稿日: 2001/04/20

AMORPHIS 待望の新作は、近作のスタイルを継承したアシッドにトリップする暗黒サイケデリック・メタル。
作を重ねる毎に、初期の作品に充満していた北欧独特のメロメロの耽美なる叙情が希薄になりゆくのは疑いようも無い。しかしながら本質的な「泣き感」は一向に衰えを見せず、さらに、そんな変化と引き換えに手に入れたものも大きく、その常に哀愁を伴ってダイナミックにローリングする程よいヘヴィ・サイケ・グルーヴは、前作 “Tuonela” 同様大胆に採り入れたオルガンとサックスが良いアクセントとなってある意味スタイリッシュな雰囲気を漂わせながらもやっぱり AMORPHIS ならではの荒涼とした内面世界の描写は流石に心地よく、ついついハマってしまうのよ。
ただ、リフの背後で鳴り響く直接的なメランコリック・メロディが聴かれなくなるにつれて Pasi Koskinen のメロディの平坦さはまざまざと浮き彫りになってくるなぁ。
あ、酔っ払って聴いてたら、なんとなくTHE YELLOW MONKEY@イエモンっぽくも聴こえたりして。(苦笑)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する