Impressions MENU

DARE / Calm Before the Storm (1998)

投稿日: 1998/05/20

TENVinnie Burns のハードエッジなギターをフューチュアした前作 “Blood from Stone”Gary Moore もビックリのケルティックフレーズ満載の好HR アルバムだったが、今回のアルバムはそのケルティック/アイルランド風味はそのままに、最近「良質AOR 工場」と化しているレーベル、MTM と契約しただけあって、1st “Out of Silence” に近い、しかも更にメロウな味わいを見せるに至っている。

全体を包む靄がかかったような湿度の高さは ENYA、CLANNAD などのユーロ・ポップを想起させるが、そこかしこに配置された Andrew Moore (君もムーアかいな!?)の泣っき泣きギターが充分に Hard Rockであることを主張している。

そして何はさて置き、主役である Darren Wharton のハスキーな声質と気張らない唱法が導く、あくまで穏やかで甘く切ない哀しみのヨーロピアン・テイストが、とにかく心地よい。

ケルトの大地を思わせるタイトルトラック “Calm Before the Storm”、本年度MYベストチューンにノミネート確実な哀愁HR “Crown of Thorns” など、私のツボに嵌まりまくる哀愁のメロディ満載の逸品。

泣けまっせ!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 92
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する