Impressions MENU

Artist Name - D (428 Albums)


DAVID LEE ROTH
A Little Ain’t Enough (1991)

スリリングさは無くなりぐっと大人のサウンドになった。


DAVID MARK PEARCE
Strange Angels (2011)

Oliver Wakeman Band 等で活動する英国人ギタリスト/ソングライター/エンジニア/プロデューサー David Mark Pearce … Continue reading


DAVID READMAN
David Readman (2007)

PINK CREAM 69(以降”PC69″) の実力派シンガー David Readman の初のソロ・アルバム。 在籍する … Continue reading


DAVID ROCK FEINSTEIN
Bitten by the Beast (2010)

David “Rock” Feinstein (vo,g/THE RODS, FEINSTEIN) の2ndソロ。凡庸な地味U … Continue reading


DAVID SHANKLE GROUP
Ashes to Ashes (2003)

元 MANOWAR のギタリスト David Shankle のニュー・バンドの 1st アルバムは、想像だにしなかった様式美食色の強いネオ=クラシカ … Continue reading

  
DAWN OF DESTINY
Rebellion in Heaven (2008)

ドイツ産5人組メロディック・パワー・メタル・バンド DAWN OF DESTINY の2ndアルバム。 紅一点のぽちゃーり女性シンガー Tanja M … Continue reading


DAWN OF DESTINY
Human Fragility (2009)

ドイツ西部ボーフムを拠点とする5人組メロディック・メタラー DAWN OF DESTINY の3rdアルバムは、やや硬質な欧風メロディック・パワー・メ … Continue reading


DAWN OF DREAMS
Fragments (1998)

オーストリアのドラマティックな泣き系デス/ゴシックの2nd。 インナーには普通の短髪のお兄ちゃんが3人写っているのでニューウェーブ系かと思ったが、壮大 … Continue reading


DAWN OF SILENCE
Wicked Saint or Righteous Sinner (2010)

スウェーデンの4人組メロディック・メタル・バンド DAWN OF SILENCE の2ndアルバム。 シンガー Patrik Johansson (A … Continue reading


DAY SIX
The Grand Design (2010)

オランダの4人組プログレッシヴ・メタル・バンド DAY SIX の約7年ぶりの2ndアルバム。 PORCUPINE TREE 〜 RIVERSIDE … Continue reading


DAYLIGHT DIES
No Reply (2002)

バンド名のカッコ良さに惹かれてついつい買っちゃった(苦笑)この DAYLIGHT DIES はなんと U.S. 産というゴシック・デス・メタル・バンド … Continue reading


DAYLIGHT DIES
Dismantling Devotion (2006)

米ノース・カロライナの5人組メランコリック・ドゥーム・メタル・バンド DAYLIGHT DIES が、レーベルを Relapse から Candlel … Continue reading


DD
The Good & the Bad (2006)

タイ・メタル界の重鎮 DONPHEEBIN を率いる Somsak Kaewthit (dr) のソロ・プロジェクトDOOMED DAY を母体とする … Continue reading


DE GLADAS KAPELL
Spelar Nilsson (1978)

スウェーデンのバカテク・ジャズ・ロック・バンド DE GLADAS KAPELL が78年に発表した名盤が2006年に再発。 メンバー全員の呼吸と鼓動 … Continue reading


DEAD END
Ghost of Romance (1987)

いいっす。ユウさんのGはこうでなくちゃ。


DEAD END
Shambara (1988)

曲は前作に劣るが、Gはやっぱり良い。


DEAD END
Zero (1989)

なんかイマイチって感じ


DEAD ON
Dead On (1989)

とてもオーソドックス。これといった聞き所も無い。


DEAD SHAPE FIGURE
The Grand Karoshi (2008)

フィンランド産デスラッシャー DEAD SHAPE FIGURE の1stフルレンス・アルバム。 ザックザクな激烈デスラッシュがハイテンションに迫って … Continue reading


DEADLOCK
Wolves (2007)

ドイツのヴィーガン/ストレートエッジなメロディック・デス・メタルコアラー DEADLOCK の3rdアルバム。 前作でゲスト扱いながらも大きな魅力を放 … Continue reading


DEADLOCK
Earth.Revolt (2005)

ドイツのヴィーガン/ストレートエッジなメタル・コアラー DEADLOCK の 2nd アルバム。 どーせ、所詮はニュースクーラーが自らの恥ずかしい過去 … Continue reading


DEADLOCK
Manifesto (2008)

ドイツ産エクストリーム・メタル・バンド DEADLOCK の4thアルバム。 激烈なデス/メタルコアの上、男声デス・ヴォイスの咆哮に絡む女性シンガー … Continue reading


DEADLY SIN
Sunborn (2003)

ドイツの4人組パワー・メタル・バンド DEADLY SIN のデビュー・アルバム。 ザクザクしたスラッシーなヘヴィ・メタルをベースに、IRON MAI … Continue reading


DEADSOUL TRIBE
A Murder of Crows (2003)

元 PSYCHOTIC WALTZ のシンガー Devon Graves (a.k.a. Buddy Luckey) 率いる米産プログレッシヴ・メタル … Continue reading


DEADSOUL TRIBE
January Tree (2004)

米産プログレッシヴ鬱メタル・バンド DEADSOUL TRIBE の 3rd アルバム。 明快な歌唱と共にロックする骨太なグルーヴとナイーヴでテクニカ … Continue reading


DEADSOUL TRIBE
The Dead World (2005)

米産ダーク・プログレッシヴ・メタル・バンド DEADSOUL TRIBE の 4th。 鬱気満載のエモーショナルな内省メタル・サウンドは相変わらず魅力 … Continue reading


DEADSOUL TRIBE
A Lullaby for the Devil (2007)

元 PSYCHOTIC WALTZ のシンガー Devon Graves (a.k.a. Buddy Luckey) 率いる米産プログレッシヴ・メタル … Continue reading


DEATH
Individual Thought Patterns (1993)

なんとGはアンディー・ラ・ロック!彼の独特の音が堪能できる!


DEATH
Symbolic (1995)

テクニカル・様式・デスラッシュ。前作がよかったのはアンディ・ラ・ロックだったからか。


DEATH ANGEL
Sonic Beatdown – Live in Germany (2009)

2007年5月にドイツで開催された Rock Hard Festival でのショウの模様を収録したライヴ盤。 強力なグルーヴに包まれた彼ら独特の肉感 … Continue reading


DEATH ANGEL
Act III (1990)

随分良くなった。聞きやすいし、ハチャメチャさもそのまま。


DEATH CAB FOR CUTIE
Plans (2005)

米シアトルのギター・ロック・バンド DEATH CAB FOR CUTIE の 5th アルバム。 暢気なドライヴのお供として役立ちそうなエモい癒しフ … Continue reading


DEATH WORM
Death Worm (2009)

北海道・札幌をベースとする国産ハイパー・デス・ロック・バンド DEATH WORM の1stフルレンス・アルバム。 ノイジーにブルータリティを爆走させ … Continue reading


DEATHCHAIN
Deathrash Assault (2005)

フィンランドの疾走デスラッシャー DEATHCHAIN の 2nd アルバム。 そのバンド名&アルバム・タイトルが示すとおりの小気味良くシャープに疾走 … Continue reading


DECADENCE
3rd Stage of Decay (2007)

スウェーデン出身の若きメロディック・スラッシュ/デス・メタル・バンド DECADENCE の3rdアルバム。 クラシックなスラッシュ・リフと今風のモダ … Continue reading


DECADENCE
Chargepoint (2009)

スウェーデン産メロディック・スラッシュ/デス・メタル・バンド DECADENCE の4thアルバム。 二十代前半の若さをアグレッションに昇華させた突進 … Continue reading


DECIDE
Decide (1990)

デスメタル。もしかしたら凄いバンドなのかもしれんが、うるさ過ぎる。


DECORYAH
Wisdom Floats (1994)

クラシカルなドゥーミー・デス。音は悪いし曲もいまいち。


DEEP PURPLE
Live in California 74 (DVD) (2006)

1974年4月6日に米国カリフォルニア Ontario Speedway で20万人の大観衆を集めて行われた伝説の「California Jam Fe … Continue reading


DEEP PURPLE
Rapture of the Deep (2005)

18th。 ・・・ヌルい。 ヌル過ぎる。 Steve Morse (g) と Don Airey (key) がたまーに達人っぷりを発揮する場面だけが … Continue reading


DEEP PURPLE
Live in Japan (1972)

スタジオ版の数倍のよさ。抜群の緊張感。凄過ぎる!


DEEP PURPLE
The Book of Taliesyn (1969)

クラシカルな雰囲気漂うアートロック。

 
DEEP PURPLE
Fireball (1971)

ギランの中では一番では?攻撃的だし。


DEEP PURPLE
Who Do We Think We Are (1973)

これといった曲も無く、普通の仕上がり。だが、パープルはパープルだ。


DEEP PURPLE
Burn (1974)

あの曲以外は結構カヴァーディル/ヒューズの色が濃い。


DEEP PURPLE
Stormbringer (1974)

グレン・ヒューズがかっこいい。一番現代的かもしれない。曲良し。


DEEP PURPLE
Come Taste the Band (1975)

やっぱりあまり思い入れは無い。


DEEP PURPLE
Made in Europe (1976)

カヴァーディル最高のライヴ音源。リッチーも良い。

428件 / 全9ページ (1ページあたり最大100件)
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する
Pick Up Impression
(過去記事からランダム表示)