Impressions MENU

CELLADOR / Enter Deception (2006)

米ネブラスカのメロディック・スピード/パワー・メタル・バンド CELLADOR のデビュー・アルバム。

ツイン・ギターが爽快に駆け回る超速疾走メタルは、米産バンドらしからぬ驚きの「超々 DRAGONFORCE タイプ」。 フォロワーまで生んじゃうとは DRAGONFORCE も出世したもんだよなぁ。(笑)

メロディ/アレンジから何までパクリ寸前のフォロワーっぷり全開ではありながら、シンガー Michael GremioMichael Kiske (vo/SUPARED, PLACE VENDOME, ex-HELLOWEEN)~Tobias Sammet (vo/EDGUY) の流れに属するパッショネイトなハイトーン・ヴォーカルの風合い生む明快な欧州風味、そしてトリック/ギミックに逃げないしっかりした安定感・・・という、本家にはない大きな魅力が存在するのも確かだ。

DRAGONFORCE のあのギャグっぽい破天荒さがダメって人には、こっちの方全然向いてたりして。

 (Jul, 11, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する