Impressions MENU

CATAMENIA / Eskhata (2002)

投稿日: 2002/06/20

フィンランドの中堅メロディック・ブラック・メタル・バンド CATAMENIA 待望の 4th アルバム。
怒りによる暴虐というよりは極限の悲哀による激情を滲ませるブラストが連射される中、ヘヴィ・メタルの様式に則った泣きのギター・ハーモニーとあくまでも装飾に留まる控えめなシンフォニック・アレンジを身に纏った哀しみに満ちた楽曲群は、実に堅実な出来映え。
この CATAMENIA の最大の魅力といえば、北欧メロディック・ブラック勢の中でも特に寒々とした悲壮感を狂おしいまでに漂わせている点なんだけど、本作でもそのチャームポイントは往年の OLD MAN’S CHILD を凌ぐほどにバッチリと継承されている。
所々で聴かれるスタジオ技術を駆使した(って程でもないけど)味付け程度のエフェクト処理も、全体のクオリティの高さを感じ取るのに有利に働いていて◎。
・・・と、概ね満足しつつも、白眉の出来だった奇跡の名盤である前作 “Eternal Winter’s Prophecy” と比較してしまうと、あらゆる方面でちょっとだけ後退気味なのが残念といえば残念かな。まぁ毎回あのレベルの作品を出されたら、それはそれで凄すぎて困っちゃうんだけどね。(苦笑)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する