Impressions MENU

RANDOM EYES / Eyes Ablaze (2003)

投稿日: 2003/11/20

フィンランドのメロディック・ゴシック・メタル・バンド RANDOM EYES のデビュー作。

TO/DIE/FOR, LULLACRY らをさらにキャッチーでノリノリにしたサウンドは、8分でダウン・ストロークするリフにツイン・ギターの慟哭旋律が乗る哀愁に満ちたのもので、もはや「ゴシック」ではなく普通に「メロディック・ハード」と呼んだ方がしっくりくる程に聴きやすいモノ。

そして、そのキャッチーな楽曲をデュエットで歌い上げる2人の男女シンガーの存在こそが、この RANDOM EYES の最大の魅力だ。

ナルシスト系(笑)男性シンガー Christian Palin が聴かせる、この手のノリノリ・ゴシック系に多い爬虫類的なヌメヌメさとは無縁の極めてクリアなメロディック歌唱も見事だが・・・やっぱ語るべきは、若干二十歳の萌え萌え美女シンガー Katja Rimpelainen 嬢っしょ!

Celine Dion, Mariah Carey に影響を受けたという Katja タンの溌剌としながらも艶っぽい激萌え歌唱が実にイイんだコレが。ってゆーか、M 男君としては歌だけじゃなくて極上の S 系視線の激しい炸裂が超々ストライクなんだけど!(苦笑)

そんな2人の魅力的なシンガーによるナルっぽさ満点の絡みっぷりは、音楽性こそ違うものの BEHOLDER のソレを想い起こさせるわ。

ただ、Christian の声ってば女性的なナイーヴさを持ち合わせてるせいで、たまに Katja タンと区別つかないこともあるんだよね。そんな時、「だったら別にシンガー Katja タン一人でもよくねぇ???」なーんて不謹慎な考えが頭を過ぎってしまうのも事実デス。

自主制作に近い制作環境ながら、かなりしっかりしたプロダクションで録られているのも高ポイント。
 (Nov. 12, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する