Impressions MENU

MAGNUM / Into the Valley of the Moon King (2009)

投稿日: 2009/10/28

英国が誇るベテラン・プログレッシブ/ハード・ロック・バンド MAGNUM の15thアルバム。

その字面だけでそそられるファンタジックなアルバム・タイトル、そしてそれに連動した Rodney Matthews の手によるアート・ワークを目にした瞬間に即レジに持っていってしまったが(苦笑)、中身の方もその衝動に十分に応える味わいが充満していた。(嬉)

近作の流れを汲む肩肘張らないリラックスした空気感を漂わせる淡白な造りながら、Bob Catley (vo) が唯一無二の燻し銀哀愁ヴォイスで歌い上げるメロディの質は、彼らの古典で聴けるそれにかなり近い雰囲気。 イントロに続く #2 “Cry to Yourself” や中盤でハイライトを形成する #5 “The Moonking”, #6 “No One Knows His Name” といった曲中で風景的にドラマを滲ませる重厚な哀感の前には、思わず涙腺がうるうると震え出してしまう。

全編を包む、まさに“ブリティッシュ・ロック”な落ち着きがタマランですな~。
 (Oct, 28, 2009)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する