Impressions MENU

PAATOS / Kallocain (2004)

投稿日: 2004/07/20

スウェーデンのプログレッシヴ・ロック・バンド PAATOS の 2nd アルバム。

メロトロンの優美な響きを下敷きに、ジャジーなハイ=テック(特にドラマーは超強力!!)で動静を絡めながら混沌とした暗黒美を描くアーティスティックなサウンドは、系統としては ANEKDOTEN, ANGLAGARD 系の KING CRIMSON チルドレンの一派に加えられようスタイル。

が、美形(コレ大事)女声シンガー Pertonella Nettermalm 嬢の可憐に浮遊する清涼歌唱が「女声ヴォーカル物」の旨味を加えているのがなんともイイ感じなんだよね。

冒頭のチェロのソロを耳にしただけで多くのメイニアは頷きながら親指突き立てまくり(苦笑)なことが容易に想像できる本作、安穏の中に狂気が潜む北欧プログレ独特の荒涼とした美旋律の混沌に耽溺できる名盤だと思うよ。

(Jul. 08, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 89
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する