Impressions MENU

LUGNET / Lugnet (2016)

投稿日: 2016/05/09

スウェーデンの5人組 LUGNET の1stフルレンス・アルバムは、レトロでヴィンテージな70年代風味のハード・ロックが満載。

いや〜とにかく巧いね。Ken Hensley のバンドでフロントを務めていたというシンガー Roger Solander の堂々たるソウルフル歌唱のスペシャルなヴァイヴ(ただ、メッチャ巧いだけに所々でピッチがちょっと甘めになるのが逆に気になる…)と、元 WITCHCRAFT の名ドラマー Fredrik Jansson (dr) のグルーヴ溢れる強力ドラミングがぐいぐいと牽引するダイナミックな楽曲群に、身体は心地良く揺れるばかり。スピード感溢れる #1 “All The Way” からコンパクトにドライヴを続ける本編のラストを、10分超の大曲 #8 “Into the Light” でムーディに締め括る構成も素敵だ。

惜しむらくは、ギター2人のプレイが堅実すぎて存在感薄めなことに代表されるような、「LUGNET ならでは」という個性が薄いことかな。。うーん・・・ほんと惜しい。あと、ゲスト参加のイタリア人ジャズ・プレイヤー Bruno Erminero (key) のハモンドが鳴る場面がとても良い感じなだけに、その出現頻度がやけに低いことにも欲求不満が。(^^;

まぁそれでも、このタイプの音は身体に自然にスッと入ってくる気持ちよさがあって、つい繰り返して聴いちゃいますな。

  • いいね! (2)
  • よくないね! (5)
満足度 : 82
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する