Impressions MENU

Artist Name - O (132 Albums)


OPERA MAGNA
Del Amor Y Otros Demonios (2015)

地球が悶絶し宇宙が蒼き涙を流した大傑作アルバム “Poe” から6年。最近何やってるんだろ?と思ってたスパニッシュNWOBXM … Continue reading


OZ
Burning Leather (2011)

北欧メタル黎明期にその名を馳せたフィンランド正統派メタラー OZ の、約20年ぶりの復活作となる通算6作目。 当時からその荒々しいマイナー臭さが“ダサ … Continue reading


OPETH
Heritage (2011)

スウェディッシュ幽玄エクストリーマー OPETH の10thアルバム。・・・って、デス・ヴォイス完全排除&ヴィンテージなプログレッシヴ・マインド全開と … Continue reading


ORESTEA
Love Lines & Blood Ties (2011)

19才の青髪女性シンガー Lisa Avon 嬢をフロントに立てる平均年齢20才の若き英国産嬢メタル・バンド ORESTEA の1stフルレンス・アル … Continue reading


OPTIMYSTICAL
Distant Encounters (2009)

スウェーデン人ギタリスト Robin Vagh によるメロディック・ハード・ロック・プロジェクト OPTIMYSTICAL のデビュー・アルバム。 M … Continue reading


OPERA MAGNA
Poe (2010)

ツインギター+キーボードを擁する7人からなるスペインはヴァレンシアのメロディック・パワー・メタル・バンド OPERA MAGNA の2ndアルバム。 … Continue reading


ORPHANED LAND
The Never Ending Way of ORwarriOR (2010)

イスラエルが生んだ「辺境メタルの星」ORPHANED LAND の4thアルバム。 前作 “Mabool” がメタル史上に燦然 … Continue reading


OPETH
Watershed (2008)

ここ数年の OPETH の大きな躍進を支えた Martin Lopez (dr), Peter Lindgren (g) 両名が離脱するという大きな危 … Continue reading


OCTAVIA SPERATI
Grace Submerged (2007)

♂ドラマー以外の全員が女性メンバー(涎)というノルウェーの6人組ドゥーム・ゴシック・メタル・バンド OCTAVIA SPERATI2nd … Continue reading


ORLOG
Reinigende Feuer (2006)

ドイツ産ペイガン・ブラック・メタル・バンド ORLOG の1stアルバム。 DusseldorfのCD屋でジャケ買い(正確にはケースに貼られたThor … Continue reading


Otsuki Kenji & Kittaka Fumihiko (大槻ケンヂと橘高文彦)
Odoru Akachan Ningen (踊る赤ちゃん人間) (2006)

橘高と大槻ってやっぱ相性いいんだよなぁ。 XYZ→A では感じることが出来なかった悶絶感がここに在る。 曲もいいしね。 橘高よ、その調子でヨロシク!( … Continue reading


OBSESSION
Carnival of Lies (2006)

LOUDNESS, Yngwie Malmsteen などで活躍した剛健メタル・シンガー Mike Vescera がそれ以前に在籍していたUS正統派 … Continue reading


ORPHEO
Echoes (2005)

オランダ産プログレッシヴ・ロック/メタル・バンド ORPHEO のデビュー・アルバム。 随所で DREAM THEATER 風味のインタープレイをメタ … Continue reading


OLD MAN'S CHILD
Vermin (2005)

現在は DIMMU BORGIR でも大活躍しておられるノルウェーが誇るブラック・メタル・カリスマ Galder 先生のプロジェクト OLD MAN& … Continue reading


OPETH
Ghost Reveries (2005)

スウェーデンが誇る暗黒プログレッシヴ・デス・メタルの王者 OPETH の、まさかの Roadrunner Records 移籍を経ての、その第一弾とな … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Garyou Tensei (臥龍點睛) (2005)

和装束な国産メタル・バンド 陰陽座 の 6th アルバム。 80’sメインストリーム・メタルと70’sハード・ロックの趣をこれ … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Kumikyoku ‘Yoshitsune’ (組曲「義経」) (2004)

お茶の間方面へのアピールが進境著しい、我が国が誇る妖怪ヘヴィ・メタル・バンド 陰陽座 が、2004年9~11月にかけて3ヶ月連続でリリースしたマキシシ … Continue reading


OMNIUM GATHERUM
Years in Waste (2004)

フィンランド産メロディック・デス・メタル・バンド OMNIUM GATHERUM の 2nd アルバム。 SOILWORK 型のモダン・エクストリーム … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Mugen Houyou (夢幻泡影) (2004)

この、BLACK SABBATH の “Cross Purposes” とどこがどう違うねん!とつい突っ込みたくなる美麗なアー … Continue reading


ORPHANED LAND
Mabool – The Story of Three Sons of Seven (2004)

数年前に Nuclear Blast とサインしたというニュースを聞いて新作を楽しみにしていたものの、その後プッツリと音沙汰が途絶え、ここのところはそ … Continue reading


OPETH
Lamentations – Live at Shepherd’s Bush Empire 2003 (2004)

2003年の初頭にロンドンは Shepherd’s Bush Empire で行われたショウの模様を収めた DVD。 アコースティック作 … Continue reading


ORION RIDERS
A New Dawn (2004)

イタリアはシチリア島出身のシンフォニック・メタル・バンド ORION RIDERS の衝撃のデビューアルバム。 全編を ANGRA に通じる優美な多彩 … Continue reading


OMNIUM GATHERUM
Spirits and August Light (2003)

2002年リリースの MCD “Steel the Light” の完成度に度肝を抜かれた、フィンランド産メロディック・デス・ … Continue reading


OPETH
Damnation (2003)

昨年リリースされた 6th アルバム “Deliverance” と対を成す連作という位置付けとなる 7th アルバム。 「ヘ … Continue reading


OLD MAN'S CHILD
In Defiance of Existence (2003)

現在は DIMMU BORGIR にも在籍する Galder (vo,g,b,key) が主宰するノルウェーのシンフォニック・ブラック・プロジェクト … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Houyoku Rindou (鳳翼麟瞳) (2003)

確実に年一枚のペースでリリースを続けながら、着実に成長を続ける妖怪ヘヴィ・メタル・バンド 陰陽座 の 4th アルバムは、ワンランク上のステートを感じ … Continue reading


OMNIUM GATHERUM
Steel the Light (2002)

いやはや、フィンランドって国はホントに底が知れんのー。この5曲入りデビュー MCD の主 である OMNIUM GATHERUM なるツインギター+キ … Continue reading


OPETH
Deliverance (2002)

黒き毒の沼地の彼方に沈む夕日を追ううちに辿り着いたのは・・・朽ち果てた廃屋。孤高のプログレッシヴ・デス・ロッカー OPETH が、神盤 “ … Continue reading


OPUS ATLANTICA
Opus Atlantica (2002)

Pete Sandberg (vo)、Jonas Reingold (b)、Jaime Salazar (dr) の 新旧 MIDNIGHT SUN … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Fuuin Kairan (封印廻濫) (2002)

オムニバスやシングルのカップリングなどで発表していた過去の楽曲のリ・レコーディング6曲+新曲2曲の企画盤。 キャッチーな疾走メタル・チューン &#82 … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Koujin Rasetsu (煌神羅刹) (2002)

関西出身の5人組妖怪ヘヴィ・メタル・バンド 陰陽座 の 3rd アルバム。 記念すべきメジャー・リリース第一弾となる本作は、前作 “百鬼繚 … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Tsuki ni Murakumo Hana ni Kaze (月に叢雲花に風) (2001)

大阪の妖怪ヘヴィ・メタル・バンド 陰陽座 のメジャー・デビュー・マキシ・シングル。 仄かなプログレッシヴ・フィーリングとメタルのパワーがテンポ良く邁進 … Continue reading


ORIGINAL CAST
Leonardo – The Absolute Man (2001)

Magna Carta Records のアーティストによる、天才芸術家 Leonardo da Vinci の波乱の生涯をテーマにした壮大なるストー … Continue reading


ORPHANAGE
Inside (2000)

前作 “By Time Alone” の完成度にビビりつつも「Modern 化」の噂から躊躇していた Dutch Gothic … Continue reading


OPETH
Blackwater Park (2001)

ロマン・フォーク=ロック・デスを実践する暗黒界の至高の存在 OPETH の 5th。 サイケデリックそしてプログレッシヴという 70 年代ロックの精神 … Continue reading


ONWARD
Evermoving (2001)

グレート 80’s スタイル US 欧州型ヘヴィ・メタル! コロンビアン・クサメタラー LEGEND MAKER で歌っていた米国人シンガ … Continue reading


ONMYOUZA (陰陽座)
Hyakki Ryouran (百鬼繚乱) (2000)

なにわの和風妖怪ヘヴィ・メタル・バンド 陰陽座 の2nd。 ジャパメタ王道スタイルの楽曲も、魅惑的なメロディとスリリングなギターアレンジで十分に楽しめ … Continue reading


ON THORNS I LAY
Future Narcotic (2000)

ギリシアン耽美ゴシックの4枚目。 THE GATHERING の新作を想わせる近未来チックなアートワーク&全員黒サングラスのスタイリッシュなメンバーシ … Continue reading


ORATORY
Illusion Dimensions (2000)

Limb Music が送り出した男女ツイン Vo のポーランド産ネオ=クラシカル様式 HM。 明快なメロディで疾走する STRATOVARIUS 的 … Continue reading


OLD MAN'S CHILD
Revelation 666 (The Curse of Damnation) (2000)

前作 “Ill-Natured Spiritual Invasion”(甲冑の戦士のジャケがカッコ良かった!)ではドラムに G … Continue reading


OPETH
Still Life (1999)

耽美デスの孤高の存在 OPETH だが、本作はついに来たね。凄いよ。化け化け。 アコギの激泣きパートとツインギターのウェットな切ないハーモニーが乱舞す … Continue reading


ON THORNS I LAY
Crystal Tears (1999)

何といってもバンド名がカッコイイでしょ。(笑) ゴシックの幽玄さを湛えつつも、貫禄ある分厚いメタルリフも登場して、ムードたっぷりながらダイナミズムに溢 … Continue reading


ORPHANED LAND
Sahara (1994)

以前からイスラエル産の変わり種デスとしてその名は知っていたものの、これまで未聴だったこの ORPHANED LAND。先月買った HOLY RECOR … Continue reading


ODES OF ECSTASY
Embossed Dream in Four Acts (1998)

神話の国ギリシャから登場したゴシック風味の様式美ドラマティック・デス。 正式メンバーである2名の女声ソプラノを大胆に楽曲の中心に据え、男声デスヴォイス … Continue reading


ON THORNS I LAY
Orama (1998)

このギリシャの出身のバンドは、その ON THORNS I LAY なる魅力的なバンド名がずっと気になる存在ではあった。私のバンドに同名のタイトルを持 … Continue reading


OLD MAN'S CHILD
Ill-Natured Spiritual Invasion (1998)

OLDMAN’S CHILD の新作となる本作 “Ill-Natured Spiritual Invasion” … Continue reading


ORANGE GOBLIN
Frequencies From Planet Ten (1998)

「幻惑の第10惑星」って邦題がナイス。原題はもっとナイス。なんたって電波が飛んでくるってんだから、かなりイッちゃってる。 が、音の方は以外にもまとまっ … Continue reading


ORPHANAGE
By Time Alone (1998)

いわゆる女声とデス声のデュエットをフューチュアした典型的なゴシックながら、そのクオリティの高さには驚かされる。 独創的なリズムアレンジに乗るメタリック … Continue reading


OLD MAN'S CHILD
The Pagan Prosperity (1998)

「究極の様式美ブラックメタル登場!」ディスク・ユニオン店員によるそんな説明書きにそそられて買った一枚。 そしてその真偽は・・・というと「究極」かどうさ … Continue reading


OPERA MAGNA
El Ultimo Caballero (2006)

スペインから飛び出した XaMetalic メサイア OPERA MAGNA のデビュー作。 壮麗なシンフォニー、ネオ=クラシカルな弾きまくり、そして … Continue reading


OBSESSION
Obsession (2008)

米産ピュア・パワー・メタル・バンド OBSESSION の復活第二弾となる通産4作目。 Michael Vescera (ex-LOUDNESS, Y … Continue reading

132件 / 全3ページ (1ページあたり最大100件)
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する