Impressions MENU

Artist Name - P (218 Albums)


PHENOMENA II
Dream Runner (1988)

レイ・ギランの歌につきる!


PICTURE
Heavy Metal Ears (1981)

オランダの古参HR。曲は地味だが、悪くはない。


PICTURE THE END
They Swarmed Like Locusts (2007)

豪メルボルン出身のオージー・メタルコアのニュー・フェイス PICTURE THE END のデビュー・アルバム。 ハードコアなブルータリティとプログレ … Continue reading


PILGRYM
Pilgrimage (2004)

英国の新参ネオ=シンフォ・プログレシャー PILGRYM のデビュー・アルバムは、そのファンタジックなアートワークから類推できるとおり当然ジャケ買いな … Continue reading


PILLAR
For The Love of the Game (2008)

米オクラホマのクリスチャン・ハード/ヘヴィ・ロック・バンド PILLAR の5thアルバム。 モダンなメタル風リフとクリスチャン系に共通するようなクリ … Continue reading


PINK CREAM 69
Sonic Dynamite (2000)

前作が当サイトの98年度No.1に輝いた超名盤とあって、期待と不安が交錯する、極度の緊張感を胸にこの新作に挑んだのだが、David Readman の … Continue reading


PINK CREAM 69
Pink Cream 69’s Mixery (2000)

21世紀最後に購入した一枚は、PINK CREAM 69 の未発表曲、ライヴ音源、カヴァーを収録したファン・アイテムとなる6曲入り企画盤ミニアルバム。 … Continue reading


PINK CREAM 69
Endangered (2001)

98年度の当サイト No.1 アルバムに輝いた 7th “Electrified”、そしてそれに続く 8th “S … Continue reading


PINK CREAM 69
Thunderdome (2004)

My Favorite Singer の一人、David Readman を擁するドイツを主戦場とする多国籍ハード・ロック・バンド PINK CREA … Continue reading


PINK CREAM 69
Electrified (1998)

デビュー盤 “Pink Cream 69”(最初輸入盤店で買った時は、彼らがその後ここ日本でブレイクするとは思いも寄らなかった … Continue reading


PINK CREAM 69
In 10 Sity (2007)

独産ハード・ロック・バンド PINK CREAM 69 の10thアルバム。 近作のスタイルを継承するガッツィーな硬質ハード・ロックを持って、些かの揺 … Continue reading


PINK CREAM 69
Pink Cream 69 (1990)

確実なテクでメロウな曲を聴かせるドイツの新風。


PINK CREAM 69
One Size Fits All (1991)

スケールアップした2ND。ラストのバラードは後生に伝えたい絶品。


PINK FLOYD
Echoes -The Best of Pink Floyd- (2001)

唯我独尊 PINK FLOYD の35年の歴史を凝縮した2枚組デジタル・リ=マスタリング・ベストアルバム。 Roger Waters, David G … Continue reading

 
PINK FLOYD
Meddle (1971)

これこそプログレッシブ。難解な構成が快感に変わる。

 
PINK FLOYD
Wish You Were Here (1975)

ピンクフロイドの真骨頂。


PINK FLOYD
The Division Bell (1994)

ギルモアの泣きが死ぬほど堪能できる。深くトリップする一枚。


PLACE VENDOME
Place Vendome (2005)

PINK CREAM 69 の Denis Ward (b) 率いるメロディック・ハード・ロック・プロジェクト PLACE VENDOME のデビュー … Continue reading


PLACE VENDOME
Streets of Fire (2009)

元 HELLOWEEN のシンガー Michael Kiske (vo) と PINK CREAM 69 の Dennis Ward (b) らによる … Continue reading


PLANET ALLIANCE
Planet Alliance (2006)

Magnus Karlsson (g,key/LAST TRIBE, STARBREAKER etc.) とプロデューサ Anders ‘ … Continue reading


PLANETHARD
Crashed on Planet Hard (2008)

伊・ミラノの4人組ハード・ロック・バンド PLANETHARD の2ndアルバム。 80年代MTV型のキャッチーで煌びやかなサウンド。 意外な骨太さも … Continue reading


PLATENS
Between Two Horizons (2004)

イタリアのシンフォ・エピック・メタラー THY MAJESTIE のシンガーだった Dario Grillo が興したメロディック・ハード・プロジェク … Continue reading


PLATITUDE
Nine (2004)

ツイン・ギター+ツイン・キーボードを擁するスウェーデンの7人組メロディック・メタル・バンド PLATITUDE の 2nd アルバム。 前作では往年の … Continue reading


PLATITUDE
Secrets of Life (2003)

Scarlet Records が満を持して放つスウェディッシュ・ネオ=クラシカル・メタルの若き新星 PLATITUDE は、2003年現在で17~2 … Continue reading


PLATITUDE
Silence Speaks (2005)

スウェーデンのメロディック・メタル・バンド PLATITUDE の 3rd アルバム。 贅沢にも2人ずつ擁していたギターとキーボードをそれぞれ1人ずつ … Continue reading


PLATYPUS
When Pus Comes to Shove (1999)

近代テクニカル・プログレ・フュージョンmeets 70’s HR の快作。 テクニカルな各プレーヤのバトルよりも、歌モノとしての楽曲の完成 … Continue reading


POISON
Look What the Cat Dragged In (1986)

勢いだけの脳天気パーティーロックといった感じ。


POISON
Open Up and Says…Ahh! (1988)

パーティーロックながら、聞かせどころを心得た曲は結構侮れない。


POISON BLACK
Of Rust and Bones (2010)

4th。アダルトな骨太ゴシック・ロックとしてはこれまでになく研ぎ澄まされているが、期待するメランコリックなセンチメンタリズムは希薄。


POISON SUN
Virtual Sin (2010)

Herman Frank (g/ACCEPT, VICTORY) を中心に、彼の奥方 Martina Frank を女性シンガーとしてフロントに据えた … Continue reading


POISONBLACK
Escapextasy (2003)

SENTENCED のシンガー Ville Laihiala(本作ではギタリスト) と CHARON のシンガー J.P. Leppaluoto が中 … Continue reading


POISONBLACK
Lust Stained Despair (2006)

フィンランド産メランコリック・ゴシック・ロック/メタル・バンド POISONBLACK の2ndアルバム。 メランコリックにドライヴするメタリックなゴ … Continue reading


POISONBLACK
A Dead Heavy Day (2008)

元 SENTENCED の Ville Laihiala (vo,g) 率いるフィンランドのメランコリック・メタル・バンド POISONBLACK の … Continue reading


POLE POSITION
Pole Position (1994)

キャッチーかつ勢いのあるHR。北欧ながら鈍臭さは皆無。


PONTUS NORGREN
Damage Done (2000)

元 GREAT KING RAT, JEKYLL& HYDE, TALISMAN という経歴を持つギタリスト、Pontus Norgren … Continue reading


POOH
Ascolta (2004)

イタリアの叙情ロック/ポップ・バンド POOH(いつの間にか I POOH の “I” が無くなってたらしい…)の通産29枚目 … Continue reading


PORCUPINE TREE
Fear of a Blank Planet (2007)

UKネオ=プログレッシヴ・モダン・ロック・バンド PORCUPINE TREE の9thアルバム。 PINK FLOYD にメタリックなアタックとギタ … Continue reading


PORCUPINE TREE
Deadwing (2005)

OPETH の大傑作 “Blackwater Park” 以降の作品でプロデュースを担当し続けている Steven Wilso … Continue reading


PORCUPINE TREE
Lightbulb Sun (2000)

7th。モダンでクリアなアーバン・プログレッシヴ。  (Jun. 23, 2005)


PORT MAHADIA
Echoes in Time (2007)

米ケンタッキーのプログレッシヴ・ロック・バンド PORT MAHADIA のデビュー・アルバム。 適度に凝ったアレンジメントの上でキャッチーなメロディ … Continue reading


PORTRAIT
Crimen Laesae Majestatis Divinae (2011)

スウェーデンの80年代懐古型正統派ヘヴィ・メタル・バンド PORTRAIT の2ndアルバム。シンガーは現 OVERDRIVE の Per Karls … Continue reading


POVERTY'S NO CRIME
One in a Million (2001)

ジャーマン・プログレッシヴ・メタル・バンド POVERTY’S NO CRIME の 4th アルバム。 パッと聴き日本人にはイマジネーシ … Continue reading


POWER OF OMENS
Eyes of the Oracle (1998)

アメリカはテキサス州サンアントニオ出身の4人組プログレメタル。 最近では珍しいモロ Geoff Tate (QUEENSRYCHE)なシンガーをはじめ … Continue reading


POWER QUEST
Wings of Forever (2002)

英国産メロディック・スピード・メタル・バンド POWER QUEST のデビュー盤。 メンバーにイタリアン・メタラー ARTHEMIS の Aless … Continue reading


POWER QUEST
Blood Alliance (2011)

英国のメロディック・メタル・バンド POWER QUEST の5th。 前作リリース後に中心人物 Steve Williams (key/DRAGON … Continue reading


POWER QUEST
Neverworld (2003)

英国産メロディック・スピード・メタル・バンド POWER QUEST の「真の日本デビュー」(苦笑)となる 2nd アルバム。 躁状態で疾走する欧州ド … Continue reading


POWER SYMPHONY
Evillot (1999)

ヘヴィ&ダーク&ドラマティックに展開するイタリアン・パワー・メタル。キーボードやコーラスを多用してシンフォニック&シアトリカルに大仰に責める楽曲が好み … Continue reading


POWERMAD
Absolute Power (1989)

様式美に通じるドラマティックさを持ったベイエリアスラッシュ。


POWERSURGE
Powersurge (1991)

メタル色を強めたライチといった感じ。曲がつまらない。

218件 / 全5ページ (1ページあたり最大100件)
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する