Impressions MENU

GAMMA RAY / Powerplant (1999)

投稿日: 1999/03/20

演奏力と構築力を兼ね備えた圧倒的なクオリティで迫る GAMMA RAY の新作は、彼らならではの大仰で明朗で快活な典型的ジャーマンスピードメタルスタイルに、JUDAS PRIEST, IRON MAIDEN といった伝統的ヘヴィ・メタルのエッセンスを大幅に導入するという手法に出てきた。特に JUDAS PRIEST“Painkiller” への傾倒は顕著で、モチーフとしてはもちろん、まんまのリフ/歌メロも顔を出すほど。
それらの大御所にあるまじきプライド皆無のパクリが全く気にならないと言えばウソだが、前半5曲の有無を言わさぬ突進力の前には、正直平伏さざるを得ない。メロディックに盛り上がる非常に IRON MAIDEN ちっくな “Razorblade Sigh”、大仰なクワイアと共にドラマティックに疾走する “Strangers in the Night” を代表に次々と繰り出されるしっかりと地に足のついた円熟のギタープレイと Dan Zimmermann の強力なドラミングが引っ張る佳曲群。まさに KING OF GERMAN METAL!
・・・と絶賛しながら聴き進めると、前半の盛り上がりがウソのように中盤から後半の展開は地味ィ~な感じ。うーん少々欲求不満が溜まる構成だ。
それに前作収録の “The Guardian of Mankind”, “The Winged Horse” といった曲で見られた Henjo Richter の超オレ好みな様式叙情美の萌芽があのまま開花しなかったのも、物足りないっちゃー物足りないかな。
しかし、特筆すべきは Kai Hansen の歌のヘボさが、本作で以前ほど気にならなくなっている点。当然文句無しのへなちょこヴォーカルである事に変りはないが、歌以外にも聴かせどころが満載の勢いのある楽曲構成が難を隠す事に成功しているのか、それとも私がショボさをも魅力と置き換えてしまう「クサメタラー」として成長したのかは・・・誰にも知る由はない。(笑)(99/03/31)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する