Impressions MENU

MACBETH / Romantic Tragedy’s Crescendo (1999)

投稿日: 1999/02/20

女声ヴォーカルと男声デス・ヴォイスのデュエットがとても素敵な、イタリア産耽美派ドラマティック・ゴシック・メタル。
曲調はともかく、スリーヴデザイン、曲名及び歌詞に至るまで、あくまで初期 TEHATRE OF TRAGEDY あたりが発散していた「耽美さ」に拘った良作だ。
正直、ドラムをはじめとする演奏の質的にはあと一歩のレベルではあるが、それがナンボのもんじゃいッ!って感じで、とにかく曲がイイ! 単純だけど大事なことだね。
聴き手の望む通りにドラマティックに展開する “The Dark Kiss of my Angel”、可愛い声で唄われるキャッチーなメロに胸キュンの “Thy Mournful Lover”、哀しみのピアノバラード “Moonlight Caress” といったハイライト・チューンはもとより、耽美ゴシック・メタルの王道を進むすべての楽曲は「ここぞ!」というところでドッと印象的なメロディがなだれ込んでくるという、聴かせどころを見事に掌握した MORTUM にも通じるセンスの良さを見せ付けている。
目玉の女声ヴォーカルを聴かせる美女 Cristina(性悪系! 好み!/笑)は、丁寧にメロディを綴ってゆく比較的癖のないタイプ(要するに並みってことね。)で、主旋律も悪くはないがバックでの♪ア~とか♪ハ~ってなコーラスがとても魅力的。それに絡み付く Vittorio のデス・ヴォイスは、ディープ系から絶叫系までを器用に操るなかなかのテクニシャンで、言葉運びのリズムの良さも◎。
各メンバーはなかなかナルシスト入ってて (^_^;)、この美しい音楽を強く印象付けるのに一役買っている。
やっぱ音楽って、純粋に音だけじゃなくってイメージ/ルックスも大事なのよね~。(またもや苦笑) (99/02/05)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する