Impressions MENU

CHARON / Songs for the Sinners (2005)

投稿日: 2005/10/20

フィンランドのゴシック・メタル・バンド CHARON の 5th アルバム。

ゴシック&ロールな哀愁ノリノリ系ながら内省的なダークさをしっかりと含有した独特のロック感がこれまでもこのオレを魅了してきた CHARON の新作は、前作で見せた大きな飛躍をさらに推し進めた、まさに「大化け」な大傑作。

シンガー Juha-Pekka Leppaluoto の芯のある色気が漂うディープな歌声のカリスマティックな存在感がなぞる激情の悲愴旋律、そしてそれを支えるロックのパワー&グルーヴに包まれたモダンでコンパクトな楽曲を装う、女声/チェロ/ハモンド/シタールなどを効果的に響かせる細部にまでこだわったプロフェッショナルなアレンジが呼び込むドゥーミーでさえある耽美な重量感・・・。 何が彼らに起こったのか、本作の楽曲を満たすのは並じゃない充実度を誇るフックの連続だ。

そのフックの一端を担うのが、Pasi Sipila (g) のネオクラ的煌きを一瞬だけに出し惜しむそのセンスの良さにグッと来ちゃうウェットなエモーショナル・プレイの適所での炸裂。 中でも、ドラマティックにこの名作を締めくくる終曲 #10 “House of the Silent” での延々と泣きのローリングを繰り返す長大なギター・ソロなんて、まさに名演中の名演ッス。(悶絶)

これまで先頭グループからやや距離をとりながら様子を伺っていた感のある CHARON だが、SENTENCED の終焉と共に温存した体力を一気に爆発させてトップ・グループに飛び込み、更にそこを完全に掌握せんが如きの堂々たる佇まいはホンット頼もしいの一言。 Awesome!

 (Oct. 03, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 95
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する