Impressions MENU

WALTER GIARDINO / Temple (2000)

投稿日: 2002/09/20

「アルゼンチンの RAINBOW」の異名をとる RATA BLANCA の中心人物であるギタリスト Walter Giardino の2000年リリースのソロ・アルバム。
RATA BLANCA の 8th アルバム “El Camino del Fuego” での彼のプレイの素晴らしさについついコイツも GET してみたが、待ってましたの RAINBOW 風味を満載したスピード・チューン #1 “Corte Porteno”Yngwie“Marching Out” に入ってそうな佳曲 #7 “Caceria”、ネオ=クラシカルな疾走インスト #8 “La Danza del Fuego” らの曲はまぁまぁなんだけど(それでもまぁまぁ止まりかよ/汗)、それ以外の楽曲がすっげー地味。(泣)
とはいっても、よく出来たメロディアスな王道ハード・ロックではあるし、スペイン語でしっかりとメロディックに歌いあげるシンガー Norberto Rodrigvez を筆頭にした他のメンバーのプレイ、そしてプロダクションも全く問題を感じないレベルなので、それなりに楽しめはするんだけどねー。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 77
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する