Impressions MENU

UNSUN / The End of Life (2008)

投稿日: 2008/10/20

ポーランド産ゴシック・メタル・バンド UNSUN のデビュー・アルバム。

爆乳美女シンガー Aya タソ (マヂで激萌え) の甘ったるくもパワフルな歌唱を大きくフィーチュアしたモダンな甘口ノリノリ・ゴス・ロック/メタルは、LACUNA COIL meets LULLACRY って感じの美味しい風情。

驚かされるのは、このバンドの中心人物が元 VADERMaurycy “Mauser” Stefanowicz (g) で、さらには他のメンツも INDUKTI, VESANIA といった非常に熱いトコロから集まってきているという辺りで、そのメンツ的な先入観もあって(汗)、Mauser の局所で光るギター・プレイをはじめとする演奏パートの妙な濃さが耳を刺激するのも気持ち良い感じ。

てか、とにかく曲の出来がかなりイイっすわ。 元気なノリのよさだけではなく、切ない哀感をしっかりと封じ込めたメロウ・サイドのアピールの強さも魅力的だ。 Century Media 的にもプライオリティ高そうなので、今後結構いいところまで行くのでは?

 (Oct, 07, 2008)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する