Impressions MENU

RAGE / Thirteen (1998)

投稿日: 1998/03/20

これが RAGE !? AVENGER 時代から “Reflectionsof a Shadow” までは好んで聞いていたが “Trapped!”に失望して以来残念ながら疎遠になっていた。ところが今回、本作の評判を聞きつけて久々に買ってみたらビッツラ仰天である。
そこに展開されていたのはオーケストラユニットによるクラシカルなパートを絡ませた構築美に溢れるドラマティックな一大HM絵巻だった。まさかの嬉しい変貌である。どうやら数年前に行ったメンバーチェンジによるツインギター化は大正解だったようだ。オーケストラル・パートの効果は絶大で、RAGE の持っていた独特の様式が更なるダイナミクスを付加して脳髄に突き刺さる。
それにつけても驚くのが Peavy のヴォーカル。あの(といっては失礼だが) Peavy がここまでの表現力を身につけていたとは全く存じませんでした。御無礼。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する