Impressions MENU

Artist Name - U (59 Albums)


UNISONIC
Unisonic (2012)

旧HELLOWEENのフロント+PC69のリズム隊+Mandy Meyer(g)という組み合わせによる UNISONIC の1stフル。 意外にも寄せ … Continue reading


UFO
The Visitor (2009)

今年でなんと結成40周年(スゲー)を迎えた英国の大ベテラン・ハード・ロッカー UFO の20th(かな?)アルバム。 リラックスした空気の中に枯れたブ … Continue reading


ULI JON ROTH
Under a Dark Sky (2008)

序章 “Prelude to the Symphonic Legends” から12年、”The Legend o … Continue reading


UNSUN
The End of Life (2008)

ポーランド産ゴシック・メタル・バンド UNSUN のデビュー・アルバム。 爆乳美女シンガー Aya タソ (マヂで激萌え) の甘ったるくもパワフルな歌 … Continue reading


UNEARTH
III: In the Eyes of Fire (2006)

米国マサチューセッツ州のへヴィ・メタル・バンド UNEARTH の3rdアルバム。 イエテボリ・デスとベイエリア・スラッシュを折衷したスタイルのエクス … Continue reading


UNDERTHREAT
Deathmosphere (2006)

「普段は仲の悪い.net (http://www.xametal.net/) 管理人どもが珍しく全会一致で気に入ったメロデスの傑作! メロデスファンも … Continue reading


UNEARTH
The Oncoming Storm (2004)

米マサチューセッツ産ネオ=クラシカル MA メタル・バンド UNEARTH の 2nd フル=レンス・アルバムは Metal Blade からのリリー … Continue reading


UFO
You are Here (2004)

かつてのネオ=クラシカル四天王(って、いつまでこの表現使い続けるんだろ?/笑)の中でも最も好みのプレーヤである Vinnie Moore の最新音源は … Continue reading


UNMOORED
Indefinite Soul-Extension (2003)

スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド UNMOORED の 3rd アルバム。 ブラック・メタル真っ青の激烈な細動ブラストの壁をも呼び寄せ … Continue reading


ULI JON ROTH
Metamorphosis (2003)

仙人 Uli Jon Roth が Antonio Vivaldi の “The Four Seasons (四季)” を自身 … Continue reading


URBAN TALE
Signs of Times (2003)

フィンランド産メロディック・ロック・バンド URBAN TALE の 2nd アルバム。 シンガー Kimmo Blom が Robin McAule … Continue reading


ULI JON ROTH
Legends of Rock – Live at Donington (2002)

敬愛する激エモ・ギター仙人 Uli Jon Roth が、気の置けない友人たちをゲストに招いて開催しているイベント「Legends of Rock」の … Continue reading


URBAN TALE
Urban Tale (2001)

Finland は Helsinki から飛び出た清涼 Hard Rock Band の Debut Album。 Ballad で時折 Steve … Continue reading


ULI JON ROTH
Transcendental Sky Guitar (2000)

師匠! 師匠! 師匠! オリジナル曲とクラシックのカヴァーを、リハ&ライブ音源を織り交ぜてパッケージングしてしまったこのリリース形態は疑問だらけで全く … Continue reading


ULVER
Themes from William Blake’s the Marriage of Heaven and Hell (1999)

ULVER ってブラック・メタルじゃなかったっけ? アルバム丸ごとは聴いたことないけど、所々のアコギがちょいとトラッド風味でなんとなく好印象があった。 … Continue reading


UNRULY CHILD
Waiting for the Sun (1999)

キャー! ジャー(失禁)モリモリ(脱糞) グレートアメリカン哀愁AOR ハードロック万歳! Mark Free (ex.KING KOBRA)が歌った … Continue reading


UNEARTHLY TRANCE
Electrocution (2008)

米ニューヨーク出身の暗黒ヘヴィ・ドゥーム・トリオ UNEARTHLY TRANCE の4thアルバム。 スラッジ/ストーン系のノイジーな圧殺サウンドな … Continue reading


UNEXPECT
In a Flesh Aquarium (2006)

カナダの7人組アヴァンギャルド・メタル・バンド UNEXPECT が The End Records とサインして放つ2ndアルバム。 デビュー作は、 … Continue reading


UFO
The Monkey Puzzle (2006)

Andy Parker (dr) が復帰した19thアルバム。 Phil Mogg のアノ英国声にグッとくる激渋ブリティッシュ・ハード・ロック(ン・ロ … Continue reading


UNGODLY
Hate Celebration (2004)

ブラジリアン・デスラッシャー UNGODLY の3曲入りMCD。 デスラッシーに肉感的な疾走を重ねる楽曲群は、Goat Headの司祭がシスターをバッ … Continue reading


URIAH HEEP
Wake the Sleeper (2008)

前作から10年振りとなる通算21作目。 URIAH HEEP 的な味わいを発散するニュー・レトロ・ロック・バンドが次々と現れる中、本家はそれらを横目で … Continue reading


ULTIMATIUM
Hwainoo (2008)

フィンランドのメロディック・パワー・メタル・バンド ULTIMATIUM の 今時珍しいほどにB級メロスピ一直線。 微笑ましくも、つまらない。(笑)  … Continue reading


UFO
Showtime (2005)

2005年5月13日の独 Wilhelmshaven は Pumpwerk club でのショウの模様を収録した2枚組ライヴ盤。 テクニカル&エモーシ … Continue reading


ULI JON ROTH
Histric Performances Volume I&II – The Electric Sun Years (2002)

1979~1980年のAmsterdam、1982年のMulhouse、1983年のSweden & UK などの幻のライヴ映像を集めた D … Continue reading


UNSHINE
Enigma of Immortals (2008)

フィンランド産ゴシック・メタル・バンド UNSHINE の2ndアルバム。 WITHIN TEMPTATION を手本にしたと思えるキャッチーなシンフ … Continue reading


U.D.O.
Thunderball (2004)

良くも悪くも超相変わらず。 ここんとこの作品全然聴いてなかったから、本作を聴いて意外な程に初期のメロディが戻ってきてるのにやや驚きを感じはしたが、「U … Continue reading


U.D.O.
Dominator (2009)

12th。特に変化なし。  (Oct, 2, 2009)


ULVER
Bergtatt (1994)

ノルウェーのブラック・メタル・バンド ULVER の 1st。 フォーキーな哀切メロディック・ブラックはとにかく感動的。 寒さ満点の金字塔的名盤。   … Continue reading


UNEXPECT
Utopia (1999)

カナダのシンフォニック・ブラック・メタル・バンド UNEXPECT のデビュー・アルバム。 様式的なパワー・メタルと禍々しい耽美ブラック、そして女声も … Continue reading


URSKUMUG
Am Nodr (2006)

ラトビアのペイガン・ブラック・メタル・バンド URSKUMUG の1stフルレンス・アルバム。 クリアなプロダクションでカッチリとまとまった緩急たっぷ … Continue reading


URIAH HEEP
Live in Moscow (1989)

B・ショウをVに迎えたどうでもいいようなライブ。


U.D.O.
Faceless World (1990)

モダンな感覚を導入した意欲作。各々のプレイは素晴らしい緊張感を伴う。


UFO
High Stakes & Dangerous Man (1992)

第2次復活盤。R・アーチャーのハイテクなシェンカーっぽいGが面白い。


URIAH HEEP
Different World (1991)

退屈なHRアルバムを作ってしまった。


U.D.O.
Timebomb (1991)

最もコアな部分を最もメロディックに表現した最後にして最高傑作。凄い!


UFO
Walk on Water (1995)

ムードは往年のそれに劣ってはいないが、曲はやはりいまいち。名曲リメイクも「?」


UFO
Phenomenon (1974)

シェンカー伝説の始祖。素晴らしい叙情性。


UK
Uk (1978)

プログレの激名盤。テクニツク、スリル、メロディのバランスが超絶レベル。


UFO
Force It (1975)

何も言う事はない。ただ口をあけて官能のGプレイに身を任すのみ。


UK
Danger Money (1979)

セカンド。1STの方が好きかな。


UFO
No Heavy Petting (1976)

相変わらずの超絶涙腺刺激フレーズを決めまくるシェンカーに感動。


UK
Time After Time (1979)

日本公演のライブ。驚異の演奏力が堪能できる。


UFO
Lights Out (1977)

タイトル曲はヘッドバングせずにはいられない。


URIAH HEEP
Look at Yourself (1971)

July Morning に失禁。


UFO
Obsession (1978)

シェンカー最後のアルバム。


URIAH HEEP
Demons and Wizards (1972)

ファンタジックなトータル性に富んだ一枚。意外にもアコースティック。


UFO
Strangers in the Night (1979)

Michael Schenker・・・ 特にこの日本では”神”として絶大な人気を誇るギタリストだ。かく言う私も、ご多分にもれず … Continue reading


URIAH HEEP
Innocent Victim (1977)

R&Rっぽさを前面に出した一枚。


UFO
Headstone (1983)

各メンバーの他のバンドをも収録したベスト盤。


URIAH HEEP
Fallen Angel (1978)

J・ロートンの歌が楽しめるが、曲がコンパクトにまとまり過ぎの感がある。


U.D.O.
Animal House (1987)

ウドの独立第一作。コンパクトな佳曲が並ぶパワーメタルのお手本。

59件 / 全2ページ (1ページあたり最大100件)
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する