Impressions MENU

MANEGARM / Vredens Tid (The Age of Wrath) (2005)

投稿日: 2005/10/20

スウェディッシュ・ヴァイキング・ブラック=デス・メタル・バンド MANEGARM の 3rd アルバム。

降りしきる雨、戦馬の嘶き、そして剣と剣とが火花を散らす合戦という様々な情景を語る S.E.を織り込みながら展開するのは、勇ましさに満ちたオールド・スタイルのヴァイキング・メタル。

リフの威圧感が子宮を震わす武骨な基本スタイルは前作同様だが、甘くなり過ぎない程よさが自慢だったメロディックな装いは、濁声でメロディをなぞる旋律感とヴァイオリン/フルート/女声の活躍シーンそれぞれの増加によってさらにその傾向を増した印象で、河畔に茂る森の奥深くに響くシケシケとした荒涼たるフォーク風味は既に「フォーク・メタル」とさえ呼べそうな佇まいだ。

悶絶ヴァイオリンに失禁必至の #2 “Sigrblot”、アグレッシヴな疾走から急落するアコースティックな静粛にグッと来る #3 “Skymningsresa (Twilight Voyage)”、物悲しいアコースティックな調べに乗って高らかに勝利を歌い上げる幽玄なる終曲 #11 “Segervisa (Victory Song)” などの佳曲を配しながらも、その最高潮なムードほどには各楽曲にイマイチのめり込めない「平坦さ」が存在するのが・・・うーん、チョイと惜しい感じだよなぁ。

うーん、成長の方向性としては決して外してはいないと思うけど、個々の楽曲の惹きの強さは前作の方が上だったかな。。。

 (Oct. 09, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
アーティスト名で検索する
本文の語句で検索する