Search Results MENU

LANA LANE (33 hits)


LANA LANE
Red Planet Boulevard (2007)

USシンフォニック・ハード LANA LANE の8thアルバム。 一時のメタル度強化ブームは一段落ついたようで、ヘヴィなエッジやプログレッシヴな手数 … Continue reading


LANA LANE
El Dorado Hotel (2012)

9th。ヴィンテージなプログレッシヴ感、ダイナミックなハード・ロック色、メロウなポピュラリティがバランス良く混合された、いかにも LANA LANE … Continue reading


EXPEDITION DELTA
Expedition Delta (2008)

PSYCHOPARADOX, ALOGIA なるバンドで活動するセルビア人ギタリスト Srdjan Brankovic のソロ・プロジェクト EXPE … Continue reading


LANA LANE
Lady Macbeth (2005)

US シンフォニック・ハードの雄 LANA LANE のレギュラー・アルバムとしては3年振りの7枚目となる本作は、William Shakespear … Continue reading


AFTER FOREVER
Invisible Circles (2004)

オランダのドラマティックなゴシック・メタル・バンド AFTER FOREVER の 3rd アルバム。 家族の愛情の行方という現代的なテーマをコンセプ … Continue reading


AINA
Days of Rising Doom (2003)

近年は 旧友 Sascha Paeth とチームを組んで数々のシンフォニック・メタル・アルバムのクオリティ・アップに寄与している、元 HEAVEN&# … Continue reading


LANA LANE
Winter Sessions (2003)

バンド LANA LANE として企画アルバムのリリースはもはや定例イベントとなった感があるが、そのどれもに共通する「オリジナル・アルバムとは一味違っ … Continue reading


GARY HUGHES
Once and Future King – Part I (2003)

TEN のシンガー Gary Hughes による、アーサー王伝説を題材としたロック・オペラ・アルバムの前編。 ストーリーの登場人物それぞれにキャステ … Continue reading


LANA LANE
Covers Collection (2002)

ハード・ロックの有名無名な佳曲をカヴァーした企画盤。 収録曲と演奏者は以下のとおり。 01: The Wall / KANSAS Gregg Biss … Continue reading


GENIUS A ROCK OPERA
Ep1: A Human into Dream’s World (2002)

イタリアン・プログ・メタル・バンド EMPTY TREMOR のキーボーディスト Daniele Liverani が主宰するロック・オペラ・アルバム … Continue reading


MARK BOALS
Edge of the World (2002)

ここ日本では未だに信者の間で熱烈な支持を受けている超絶シンガー Mark Boals の3作目のソロ・アルバム。 株式会社 VIGILANTE ライク … Continue reading


ARJEN ANTHONY LUCASSEN'S STAR ONE
Spece Metal (2002)

自身のメイン・プロジェクト AYREON をはじめ、ロリ少女を主役に据えゴシック色を打ち出した AMBEON、そして最近では Lana Lane &# … Continue reading


MICHELLE YOUNG
Marked for Madness (2001)

美貌の実力派米国人女性シンガー Michelle Young の 2nd アルバム。 GLASS HAMMER のアルバムや CLIVE NOLAN … Continue reading


TURQUOISE
Turquoise (2001)

このファンタジックなアート・ワークだけで金を払う価値を見出せる、ポーランド産の女声をフィーチュアしたプログレッシヴ・ロック・バンド TURQUOISE … Continue reading


LANA LANE
Project Shangri-La (2002)

Helge Engelke, Mark Boals そして John Wetton といった外部のブレインを大胆に導入した 6th アルバム。 そのド … Continue reading


BETO VAZQUEZ INFINITY
Beto Vazquez Infinity (2002)

アルゼンチンのベース・プレーヤ Beto Vazquez を中心としたこのシンフォ・メタル・プロジェクト、どうやら本来は地元のメンツにて活動しているよ … Continue reading


CITRON
Absolute (2001)

LANA LANE でのプレイが知られる L.A. のギタリスト Niel Citron の 2nd ソロで、彼は自身のファミリー・ネーム CITRO … Continue reading


VAN EE
Powerplay (2001)

HIGHWAY CHILE ~ HELLOISE、そして AYREON や Ian Parry との活動もしているオランダ人 Drum Player … Continue reading


AMBEON
Fate of a Dreamer (2001)

AYREON の Arjen Lucassen の新プロジェクトは、14歳(!)の少女シンガー Astrid Van Der Veen 嬢をフロントに … Continue reading


LANA LANE
Ballad Collection 2 (2000)

バラード集2作目。カヴァー曲をメインにオリジナルの新曲を混ぜた構成で、選曲そして叙情プログレ A.O.R.風味のアレンジともに、グゥの音も出ないほどの … Continue reading


AYREON
Universal Migrator Part I: the Dream Sequencer (2000)

前作 “Into the Electric Castle” により、その濃密なサウンドに完全にノックアウトされたオランダの吟遊 … Continue reading


AYREON
Universal Migrator Part II: Flight of the Migrator (2000)

前作 “Into the Electric Castle” により、その濃密なサウンドに完全にノックアウトされたオランダの吟遊 … Continue reading


LANA LANE
Secrets of Astrology (2000)

何故だか前作 “Queen of the Ocean” はあまり心に響いてこなかったんだな。なので以前ほどの期待をすることなく … Continue reading


ROCKET SCIENTIST
Oblivion Days (1999)

Lana Lane のダンナの最新リーダーアルバム。 そのファンタジックなジャケットに描かれている世界観どおりの、幻想的プログレッシヴ・サウンドが存分 … Continue reading


LANA LANE
Queen of the Ocean (1999)

うーん、期待し過ぎだったのでしょうか。(涙) 残念ながら聴き終わって印象に残るのは、シンガー Lana Lane の艶やかで力強い声色/巧さと、Ton … Continue reading


TRAIL OF TEARS
Disclosure in Red (1999)

男女シンガー、ツインギター、シンセ、そしてリズム隊という7人編成のゴシック=デス。まずはその編成とこの TRAIL OF TEARS ってイカニモなバ … Continue reading


AYREON
The Final Experiment (1996)

96年発表のアルバムだがずっと聴いていなかった。理由は、内容が壮大なロックオペラにありがちな「雰囲気は良いが個々の楽曲としては弱い」んじゃないかな・・ … Continue reading


LANA LANE
Garden of the Moon (1998)

この3rdアルバムは、オーソドックスなハードロックスタイルの1st “Love Is An Illusion” と、隙間のある … Continue reading


HARMONY
Chapter II : Aftermath (2008)

スウェーデンのメロディック・パワー・メタル・バンド HARMONY の約5年振りとなる2ndアルバム。 Kristoffer Gildenlow (e … Continue reading


GOREFEST
La Muerte (2005)

オランダのベテラン・デス・メタル・バンド GOREFEST の 7th。 シンプルな楽曲をベテランらしい卓越した表現力で見事に立体化してゆくプロフェッ … Continue reading


LANA LANE
Ballad Collection (1998)

LANALANE が一部の楽曲で進めていたメタリックなアプローチに少なからず疑問を持っていた私にとっては、彼女の作品の中から「穏やか系」を集めたこの … Continue reading


LANA LANE
Love is an Illusion (1995)

プログレ風味の女声ハード・ロック。メランコリックな様式テイストが素晴らしい。


LANA LANE
Curious Goods (1996)

POPさ,プログレッシブさ,朴訥さがうまくブレンドされた安心のラナ・ワールド。

作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する