iMetal Blog MENU

YouTube Musicが残念すぎる件...

2020/08/03 | カテゴリー : Webサービス

直近の更新内容からお察しいただける通り、このところはすっかりSpotifyさんをメインとした音楽生活を送っておるわけですが、保有している(&していた)CD,アナログ盤、カセットテープなどのフィジカル作品約5,000枚については、全てのMP3化してGoogle Play Musicにアップロードし、いつでもどこでもストリーミングですぐ聴ける環境としていたのですよ。Spotifyで配信されてないモノもたくさんあるしね。

Google Play Music、自分でアップロードしたライブラリを聴くだけなら月額課金不要だし、UIも熟れてて検索もしやすい・・・と、かなり気に入って使ってました。


▲個人的にはジャンルから選択したいことが多いので、それができるのが高ポイント

が!2020年5月になって、「Google Play Musicは年内に終了し、サービスはYouTube Musicに移行する」との悲報が!

うーん... めっちゃ残念ではあるが、終了が決定事項であるならば諦めるしか仕方あるまい。てことで、用意された移行ツールを使ってGoogle Play MusicのライブラリをYouTube Musicに移してみた。

作業そのものは簡単で、送られてきた移行通知メール内で案内されたURLのページにある [移行を開始] なるボタンをポチるだけ。Google Play Musicにアップロード済のファイルの総サイズは460GBほどなので何日かかることやら... と思ってたら、ポチってから1時間ほどでもう完了のお知らせが。


▲たぶんだけど、サーバ間でのファイルの転送が実際に発生しているわけではなく、ファイルの場所はそのままでエイリアス設定的な何かが行われたような感じ?(推測)

早速、移行されたライブラリをスマホのYouTube Musicアプリで確認してみたが・・・うぐぐ... 色々と使いにくくて残念な感じ...

リストのスクロールがスワイプだけなので、もしアーティスト名でZから始まるものを見ようと思ったらAから順に永遠に上にスワイプし続けないといけなかったり(Google Play Musicはスクロールバーがあるので一瞬でOK)、アーティストの階層下がアルバムではなくて全楽曲の羅列で、ここでもアルバム数が多いアーティストだとお目当ての曲/アルバムにたどり着くにはひたすらスワイプが必要だったり。さらにはそのスワイプ時も、画面が更新される毎に読み込みが発生するし...


▲アルバムリストが表示されてほしいのに... なんというか、「遷移先に期待する結果が表示されないストレスの連続」とでもいいましょうか

また、キーワード検索したとしても結果がいろいろ混在しててヒット感が薄かったり、上記でGoogle Play Musicの評点して挙げたジャンルという概念がなかったり、さらにはアップロードしたライブラリをダウンロードすることができなかったり・・・とデメリット満載(笑)

そんなわけで、YouTube Musicを使い続けるのは無理っぽいので、今後どう運用するかを思案しつつとりあえずGoogle Play Musicがまだ生きてるうちにライブラリをローカルにダウンロード中。このペースだとぶっ通しで4日ほどかかる見込みであります。(-_-)


▲ダウンロードしなくても以前にアップロードしたファイルがあるでしょ?と思いますよね。はい、それらのファイルはアップロード確認後に潔く全削除しましたw (クラウド信奉にも程があるw)

さて、次はどうするかな...

  • いいね! (38)
  • よくないね! (3)
ブログ記事を探す 最新の投稿を見る 月別で一覧する カテゴリーで一覧する
フリーワードで検索する