iMetal Blog MENU

週刊ナイスメタル (WN 12+13, 2021)

2021/04/05 | カテゴリー : Metalネタ

4月!新年度!・・・といってもこの状況下では実感ゼロだよね。^^;
それでも、暖かくなるに連れて作品リリースもじわじわと増えてきてる感じ? それは嬉しいんだけど、果たして沢山の作品をチェックする時間は・・・あるのだろうか・・・。

Skyfall [Single Edit] / Helloween

イントロから1コーラス回して次の展開になるあたりまではほぼ完璧な「ぼくたちのきーぱーさうんど」! さてアルバムはどうなるか...

The Conjurer / INSOMNIUM

切ない。止めどなく切ない。名手Markus Vanhala(g)の泣っき泣きのソロもたまらんですのう。こちらもアルバムはよ!

The Tower of Cosmic Nihility / IOTUNN

BARREN EARTH, HAMFERÐのシンガーを擁するデンマーク産プログ/エクストリーム・メタル。濃密なスペーシー感にクラクラ。

The Shovel and the Cross / White Void

BORKNAGAR, IHSAHN系列のメンバーらの新バンド。それらの作品中で感じられた'60〜'70年代的なレイドバック感を抽出したかムーディさが気持ちいい。

Let It Come / TOUCH

なんとTOUCHが再結成して40年ぶり(!?)の新作だと!? おお、なかなかそれっぽく仕上がっておるではないか。

Gipsy Fly / Steven Anderson

理想のギターサウンドを求める終わりなき旅の途中で、久々にこれ聴いてあらためて悶絶。弾きすぎない「16分感」がちょうどいいんだよなぁ...

Losing You / Dream Evil

そして、同じ旅の途中でGus G.に立ち寄り。テクニックvsエモーション、エゴvs調和のバランスが腑に落ちまくる感じで最高。

  • いいね! (12)
  • よくないね! (1)
ブログ記事を探す 最新の投稿を見る 月別で一覧する カテゴリーで一覧する
フリーワードで検索する