Impressions MENU

FORGOTTEN TALES / All the Sinners (2004)

投稿日: 2004/08/20

カナダ産シンフォニック XaMetal バンド FORGOTTEN TALES の 2nd アルバム。

中世の魔女狩りを題材とした6章構成のコンセプト・パート "Pagan Chronicles" をメインにそれと関連するテーマを持った楽曲を揃えた本作は、デビュー作からの更なる成長を実感することが出来る、なかなか・・・いや、かなーりナイスな出来栄え。

ますます堂に入った感のある壮麗なシンフォニック・アレンジと、それとタッグを組んでアンサンブルの骨格を支える Martin Desharnais (g) のよくコントロールされた構築美が美味しいクラシカル・プレイの充実はもちろん、それらが奏でる相変わらず DARK MOOR タイプではあるものの疾走チューンからバラードまでコレ系のバンドにしては幅広めな楽曲を堂々と伸びやかに歌い上げる赤毛のシンガー Sonia Pineault 嬢によるヴォーカル・メロディが、勇壮さと爽快感を同時に大幅に増した印象の相当な充実っぷりなのがなんとも頼もしい。

今回は何故か所々で微妙に NIGHTWISH 風味が顔を覗かせるご愛嬌(苦笑)もありーの、叙情が沁みるバラード #4 "Wind Oh Wind" や9分弱の悶絶疾走大作 #7 "Three wishes" 等で聴ける意外とキュートな声質でのパワフルな歌唱の端々で響くセンチメンタルな愁いには、幾度となくグッと来ちゃったデス。

うん、コリャ是非来日して、ステージ前方を占拠するだろうキモスパー軍団を全員昇天させるような素敵なショウを観せて欲しいッスな。

 (Aug. 28, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 86
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する