Impressions MENU

DREAMTALE / Beyond Reality (2002)

投稿日: 2002/06/20

4曲入り CD-R "Refuge from Reality" が好評だったフィンランド産メロディック・スピード・メタル・バンド DREAMTALE の、Spinefarm から(日本盤は MARQUEE/AVALON)のリリースとなったデビュー・フルレンス・アルバム。
映画「The Rock」の勇壮かつリリカルなテーマ・メロディをモチーフにした叙情イントロ #1 "The Dawn" からその流れを受け継いで劇的に疾走する #2 "Memories of Time" での冒頭の盛り上がりに、さらに追い討ちをかけるように悶絶メロディを撒き散らしながら疾走する #3 "Refuge from Reality" というここまでの XaMetalic な構成だけで卒倒必至。
程々なシンフォニック・アレンジを施された、あざといまでの --- 悪く言えば子供騙し的な・・・ってそりゃ一部の人的には褒め言葉だな(苦笑)--- クッサい哀愁の劇メロが疾走する豊富なパターンの楽曲は、意外にもアレンジの幅広さを感じさせるよく練られたもの揃い。
ところどころで HELLOWEEN へのオマージュを露わにする HEAVENLY 真っ青な「パクリッシュ・メトゥ」(汗)な顔も覗かせたりするんだけど、それを差し引いてもとにかくフレーズの端々に滲み出るメランコリックな愁いにたまんなくグッとくるんだよな。
と、全体的には決して悪くない印象なものの、情念の込め方がもう一押し弱い感じがする演奏陣のB級なプレイや、シンガー Rami Keranen の薄味歌唱の微妙なヘナチョコ具合などから露呈する稚拙さが妙に気になっちゃって、のめり込むにはチョイト厳しいのもまた事実。
特に歌に関しては、ゲストで麗しき女声を聴かせる Sanna Natunen 嬢と、2曲でその粘度の高い激唄でリードを取る TAROTSINERGYNIGHTWISHMarco Hietala のご両人が素晴らしいだけに、余計に厳しいかも・・・。
とはいえ、毎回聴いてて曲が自らのバンド名を冠したクサクサ・チューン #8 "Dreamland" に差し掛かるたびに、ついつい悶絶しちゃうんだよね。(汗)
ちなみにこのシンガーの Rami Keranen は既に脱退し、新たに Tomi Viiltola なる人物に決定してるとのこと。ま、次作にまた期待ってところか。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 81
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する