Impressions MENU

HIGHLORD / Breath of Eternity (2002)

投稿日: 2002/08/20

前作でカナリの成長を遂げたイタリアン XaMetal バンド HIGHLORD の 3rd アルバムは、一聴して更なる成長が感じ取れる飛躍の一枚。
他のイタリア勢の多くが HELLOWEENANGRA の流れを出自とする中で、この HIGHLORDYngwie malmsteen 風味の北欧ネオ=クラシカル・メタルと DREAM THEATER に代表されるテクニカル・ロック/プログレッシヴ・メタルの影響を感じさせる(所々でもろにパクリッシュ・メトゥ全開だったりするけど/苦笑)というのは、よーく聴いてみると異色な路線なのかも。
前作で気になったリズム・パートの稚拙な不整合感はスッカリ姿を消し、実力派新シンガー Andrea Marchisio (DESDEMONA) の堂々と響く歌声とともに醸し出される落ち着きある安定感の前には、ギタリスト Stefano Droetto と キーボード Alessandro Muscio のテクニカルなバトルも一段の映えを見せている。
シンフォニックに飾られた緩急豊かな楽曲の出来も良く、VANDEN PLAS あたりにも通じる耳触りの良い重厚なプログレッシヴさをも孕んだ #4 "Dream Chaser" あたりを聴くに至るや、バンドの将来への期待も募ろうってものだわ。あとは更なる「いい楽曲」だな。
ボーナス・トラック #11 "Pegasus Fantasy" は、日本のバンド MAKE-UP がアニメ「聖闘士星也」のテーマ曲のカヴァー。Stefano、激アニヲタだから・・・。(汗)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する