Impressions MENU

NIGHTWISH / Century Child (2002)

投稿日: 2002/06/20

いまやその存在がスッカリ珍しくなくなった「オペラティック女声メタル」なバンド群の中でも、やはり最高峰に位置するフィンランドの NIGHTWISH 待望の 4th アルバム。
もはや風格すら感じさせる Tarja Turunen 嬢のオペラティック・ソプラノが折り重なった清々たるコーラスが厳粛に響き渡りながら幕を開ける本作にも、燦然と輝く大傑作である 2nd "Oceanborn"、そしてそれに続く 3rd "Wishmaster" で完全に確立された「NIGHTWISH 印」がしっかりと押印されている。
が、Tuomas Holopainen の手による勇壮なオーケストレーションで壮麗に飾り立てられた正統メタル・チューンズには従来通りのクオリティが備わっているものの、作を経る毎に強まって来ているややしっとりとした落ち着いた質感の増加傾向が顕著なミドル中心の楽曲群を一聴して得たのは、「コレまでの作品のボーナス・トラック級のアウト・テイク集みたい」ってな印象。
ただ、今回 SINERGY を脱退しての新加入となった元 TAROTMarco Hietala のベース/ヴォーカルが、共に本作での新たな試みとして大胆に導入されたのはスゲー面白い。 #5 "Slaying the Dreamer" を始めそこかしこで唸るボトムが導く曲中に巧く織り込まれた新機軸なヘヴィ・パート、そして #3 "Dead to the World", #8 "Feel for You" そしてミュージカル曲のカヴァー #9 "Phantom of the Opera" など多くの楽曲で Tarja とデュエット状態でしっかりとリード・ヴォーカルをこなす Marco の怪しくダーティに響く堂々たるさすがの正統歌唱は、NIGHTWISH の新たな魅力としてギラリと光っている。
まぁ今のところは聴いてて「イイッ!」って思いつつも、気が付くと何故かついつい聴き流しちゃってるみたいな感じなんだけど、聴き続けてくうちに本作もコレまでの作品と同様レベルには気に入るんだろうな。
でも・・・ストリングス・ヒットの入るリズムのマンネリ感だけは、どうしても気になるッ!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する