Impressions MENU

LANA LANE / Covers Collection (2002)

投稿日: 2002/12/20

ハード・ロックの有名無名な佳曲をカヴァーした企画盤。
収録曲と演奏者は以下のとおり。

01: The Wall / KANSAS
Gregg Bissonette (d), Tony Franklin (b), Mark McCrite (g), Novi Novog (v), Erik Norlander (k)
02: Kashmir / LED ZEPPELIN
Gregg Bissonette (d), Tony Franklin (b), Mark McCrite (g), Cameron Stone (c), Erik Norlander (k)
03: Soaring / AVIARY
Gregg Bissonette (d), Mark McCrite (g,v), Novi Novog (v), Erik Norlander (k,b,g)
04: Hold Your Head Up / ARGENT
Gregg Bissonette (d), Erik Norlander (k,b,g)
05: Innocence / ENUFF ZNUFF
Gregg Bissonette (d), Mark McCrite (g,v), Erik Norlander (k,b)
06: I'll See You In My Dreams / GIANT
Gregg Bissonette (d), Gabriel Moses (g), Erik Norlander (k,b)
07: Don't Try So Hard / QUEEN
Gregg Bissonette (d), Novi Novog (v), Erik Norlander (k,b,g)
08: Northern Lights / TNT
Gregg Bissonette (d), Gabriel Moses (g), Erik Norlander (k,b)
09: Still Loving You / SCORPIONS
Gregg Bissonette (d), Mark McCrite (g), Novi Novog (v), Erik Norlander (k,b)
10: Weep in Silence / URIAH HEEP
Nick D'Virgilio (d), Neil Citron (g), Erik Norlander (k,b)
11: Stargazer / RAINBOW
Ed Warby (d), Tony Franklin (b), Arjen Lucassen (g), Cameron Stone (c), Robert Soeterboek (v), Erik Norlander (k)

溜飲が下がるようなドンピシャリのベスト選曲・・・って訳ではない Erik Norlander らしいややマニアックな選曲ではあるものの、どの曲もシンフォニック・ロックの優雅なダイナミズムでの味付けが似合う哀愁漂う佳曲ばかりで、バンド LANA LANE っぽさに満ちた暖かみのあるファンタジックなアレンジも相俟って、全体として至極統一感のある仕上がりだ。
#3 "Soaring" (AVIARY), #6 "I'll See You In My Dreams" (GIANT), #10 "Weep in Silence" (URIAH HEEP) あたりは、Lana Lane 自身の歌唱もまるで持ち曲のように激ハマりで実に見事。
#10 "Weep in Silence" での Neil Citron の悶絶泣きギター・ソロ、唯一そのへヴィさで異彩を放つ #11 "Stargazer" (RAINBOW) で再確認できる Ed Warby のドラミングの魅力なども聴きものだな。
"Ballad Collection" シリーズもそうなんだけど、最近はレギュラーのアルバムよりこういった企画盤での方が、よっぽどニーズに合った色彩の音が出てくるような気がするね。
冬の夜にいーなー、こーゆーの。(^^)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する