Impressions MENU

THRESHOLD / Dead Reckoning (2007)

投稿日: 2007/06/20

UKプログレッシヴ・メタル・バンド THRESHOLD が大手Nuclear Blastへの移籍を果たして放つ8thアルバム。

中心人物 Karl Gloom (g) の「プログレ人脈」な出自のせいか、これまでこの THRESHOLD の立ち位置そして出音は、メロディック・ハード~プログレッシヴ/ポンプ・ロック~ヘヴィ・メタルの狭間で不安定に揺れていた感があった。本作は、そんな中途半端だった存在感を一気に明確化する可能性を秘めた、バンドの今後の試金石となる重要な一枚。

元々匂わせていた「だいえいていこくのいでおろぎー(pgr」みたいな煮え切らなさはそのままに、精度を増した DREAM THEATER 譲りのテクニカルなパッセージのスリルと、シンガー Mac (GALLOGLASS, YARGOS, ex-SARGANT FURY) が発する旋律感大増量の歌メロのキャッチーさが程よく親和する重厚かつ堅牢な音像は、まさに「プログレ・メタル」なドラマティカがなんとも頼もしい。

以前と比べれば遥かに耳を惹くように進化した歌メロが実はまだまだやや直線的だったりヴァリエーションがチト少なめだったりして、その部分がこれまで同様に淡白な印象を与える場面も無くはないんだけど、本作が「永遠の中堅」からの突破を狙う新たなスタートラインとなる入魂の力作であることは確かだ。

Dan Swano (EDGE OF SANITY) をゲストに迎えてデス声のエクストリームなアクセントを配するなど、時勢を睨んだ挑戦的な姿勢も◎。今後、ラストを締め括る大作 #9 "One Degree Down" のエンディングで聴けるような感動的な展開美が更に増えてくると嬉しいな。

 (Jun, 13, 2007)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する