Impressions MENU

AMORPHIS / Eclipse (2006)

投稿日: 2006/03/20

AMORPHIS is Baaaaccccckkkkkk!!!

フィンランドのメランコリック・ヘヴィ・ロック/メタル・バンド AMORPHIS が古巣 Nuclear Blast に出戻ってリリースした 7th アルバムは、近作群同様のサイケデリックな北欧グルーヴをベースにしながらも前作 "Far from the Sun" でその兆候が見え隠れしていた即効性の高い旋律美を完全に復活させることに成功、さらには封印していたデス・グロウル&ヘヴィ・リフを大胆に配して初期にも通じるアグレッシヴなエッセンスを効果的に機能させるなど、なんと一気に "Elegy" 期にタイムスリップしたかの良質の立ち戻りを見せる快心の傑作となった。

この再生の立役者は、紛れもなく新ヴォーカリスト、Tomi Joutsen (SINISTHRA, ex-NEVERGREEN) だろうな。声質的には前任の Pasi Koskinen (AJATTARA, MANNHAI, SHAPE OF DESPAIR) と大きな違和感を感じさせずも、ノーマル・ヴォイスの表現力/デス・ヴォイスのディープな攻撃力共に優れた(しかもルックスもカコイイ…/殺)彼のエモーショナルな歌唱力がこの変化の起爆剤となっただろうことは想像に難しくないもんね。

70's ロックのダイナミクス、オリエンタルなサイケデリカ、北欧の民族的な哀愁/叙情美、そして暗黒系たる耽美なヘヴィネス(これ大事)が今ここに理想的な融合を果たした曲々は、中間部の清閑なピアノの響きがたまらないメランコリック・ゴシック路線のリーダー・トラック #2 "House of Sleep"、フォーキーなイントロに導かれてディープなデス・ヴォイスを炸裂させる様がタマラン #3 "Leaves Scar"、いかにも AMORPHIS らしい印象的なメロディとグルーヴを持ちあわせた #4 "Born from Fire"、穏やかな序盤からダイナミックな疾走へと転換する劇的な展開に悶絶の #5 "Under a Soil and Black Stone"、初期に通じるド迫力のオリエンタル・デス #6 "Perkele (the God of Fire)"、フォークロア風味がヘヴィにドライヴする #9 "Brother Moon"・・・と、その充実っぷりは放浪の末にとうとう自らの進むべき道を発見した喜びに満ち溢れているかのように凄まじい。

うーん、この編成でライヴが観てみたいぞ。現ツアーで 1st & 2nd からも数曲演ってるみたいだし!

 (Mar. 13, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 94
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する