Impressions MENU

FALL OF THE LEAFE / Fermina (2002)

投稿日: 2002/03/20

フィンランドの耽美派メロディック・デス・メタル・バンド・・・と言いたいところだが、前作では IN FLAMES 直系スタイルであったものの、この 3rd アルバムではほぼ全編濁声ですらないクリーンなノーマル・ヴォイスで歌われているので「デス」は不適当だなぁ。あえて言うなら・・・「耽美派メランコリック・メタル」?
ヴォーカル・スタイルの変化とともに曲調の方も変化を見せていて、IN FLAMES 味の慟哭を発散する叙情ギター・パートはそのままに楽曲だけを現在の DARK TRANQUILLITY に置き換えたような、ゴシック色の強いスタイルに移行させている。
未だに疾走パートも残っていたりゴリゴリのリフが振り下ろされたりするせいか、全体的な音像としては今でもと充分にデス・ヴォイスが聴こえてきそうな音像ではあるが、FALL OF THE LEAFE の売りである Jussi Hanninen の奏でる豊潤でスムースなメロデイック・ギターによるウルウルな叙情の吐露という面に於いては、前作で聴かれた耽美な部分をさらに推し進め、シンガー Tuomas Tuominen のやや情けない普通声が逆にナイーヴな表情付けに役立っている(汗)このスタイルの方があってるかも。実際、ギター・フレーズの煽情力はカナリのものだし。
あとは、この「まぁ悪くないし良い部分も結構ある」ってな非常に惜しい感じに留まっている楽曲を、いかに充実させていくかだな。(ってこれが一番難しいんだけど/汗)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 75
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する