Impressions MENU

DISARMONIA MUNDI / Fragments of D-Generation (2004)

投稿日: 2004/06/20

イタリアのメロディック・デス・メタル・バンド DISARMONIA MUNDI の 2nd アルバム。

先鋭なアグレッションが迸るブルータル・パートにクリーン・ヴォーカルが歌うナイーヴなコーラス・パートが劇的に絡むという基本スタイルは、デス・ヴォイス担当として Bjorn "Speed" Strid が参加しているせいもあってモロに SOILWORK そのものの手触り。

それどころか、良質のグルーヴを孕んだ楽曲作りの巧さや全編で弾きまくられるネオ=クラシカル・ギターの悶絶な味わいなどを聴くにつけ、こりゃ SOILWORK より好きかも?と本気で思うほど素晴らしい。

しっかし、ギター(ソロ・パートは他の人間が弾いてるらしい)、ドラム、キーボード、クリーン・ヴォーカルを一人で手がけるバンドの中心人物 Ettore Rigotti・・・天才だわ、ホント。

 (Jun. 12, 2004)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 89
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する