Impressions MENU

WHITESNAKE / Good to be Bad (2008)

投稿日: 2008/12/28

11年振り(前作 "Restless Heart" は計上せずに "Slip of the Tongue" から19年振り…とすべき?)通産10枚目のスタジオ・アルバム。

Doug Aldrich (g/ex-LION, BAD MOON RISING, BURNING RAIN, DIO), Reb Beach (g/ex-WINGER, DOKKEN) という技巧的にもルックス的にもイケてるギター・チームをフィーチュア。1987年のマスターピース "Whitesnake" の流れを汲むゴージャスな音像に仕上げてはいるが、楽曲的にはその "Whitesnake""Slide It in" の中間に位置しそうな、モダンなハード・エッジに包まれていながら旧来の持ち味であるブルーズ・テイストもしっかりと強調しているといった趣。

当時は本当によく聴いてたんで、本作もなんだかんだ言ってリピートしてしまうなぁ。
 (Jun, 12, 2008)

  • いいね! (1)
  • よくないね! (1)
満足度 : 84
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する