Impressions

WIZARD / Head of the Deceiver (2001)

投稿日: 2001/07/20

ナイスな殺戮 Artwork でジャケ買い者続出の(ウソ)German バカ Metal の 4th。
意外性のないコード運びで進行する難易度低めの Metal Riff が疾走する、実直な 80's Metal を現代の Agression と Speed で調理した Metalheads の愛すべき音像は、そこそこの Drama を生む Twin Guitar の煽情、タイトに疾走する重爆ドラム、そして Singer S. D'Anna の Melodic 歌唱から Scream and Shout まで充分なテクと説得力のある歌声が確かな Quality。
これは、Metal を知らぬ者に対し、自らへの自慢と自嘲の複雑に交錯する心情を込めつつ「これぞ典型的 Heavy Metal だ!」と言えよう True Metal だ。「70」っていう数字は Respect。こーゆー Band はこのくらいの数字のほうが魅力的でしょ。(笑)
ただ、その漢くさい Mood にこそ「うおぉ!Metal 最高!」と高揚を禁じ得ないものの、オレ的には曲の出来がちょいと平凡に感じられたのが、ちぃーとばかし残念なんだな、これが。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 70
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する