Impressions MENU

MORS PRINCIPIUM EST / Inhumanity (2003)

投稿日: 2003/05/20

フィンランドで新に産声を上げたテクニカル・メロディック・デス・メタル・バンド MORS PRINCIPIUM EST のデビュー作・・・ってゆーか、パッと見てすぐバンド名読めんがな!(苦笑)

モダンで硬質な疾走感を漂わせる SLOILWORK な下地に、CHILDREN OF BODOM の影響を垣間見せる悶絶にエモなネオ=クラシカル・ギター・プレイを存分に振りかけたこの方向性は、ヤヴァいくらいに魅力的。

リフに切れの悪さを実感させる部分があったり、出来が良いながらも各曲毎の差別化や突き抜け具合の不足とかって楽曲へのちょっとした物足りなさを感じるなど、実際に初めてアルバムを通して聴いた第一印象は、サンプル訊いて膨らませてた期待よりは正直やや下回っちゃったものの、Jori Haukio & Jarkko Kokko のギター・コンビによる CACOPHONY 級の超絶な弾きまくりの前には、そんなとりあえずのイマイチな印象な部分もどっかに吹っ飛んでしまうわ。

終始凄まじいスピード・プレイを奏でながらも、テクニック自体をひけらかすに終わらずセンス良くスリルを構築する様には悶絶を禁じ得ず、曲中に絶妙に配された広がりを感じさせるフレージングの美味しさにも目を見張るばかり。

デス・メタルでありながら全編を計算されたモダンな冷静さが覆い尽くしているのが、良くも悪くもこの MORS PRINCIPIUM EST の印象を決定付けている気がするけど、緻密なアレンジの奥深さも手伝って、聴き進めるほどに良さが滲み出てくる好盤と思えるってことには間違いないな。

ちょいと IN FLAMES っぽさもあるデス・バラード(って、なんじゃそれ/笑)#10 "Into Illusion" で聴かせるシットリした雰囲気が、この次に繋がる何かを期待させるしね。(この曲のギター・ソロがこれまたマジ絶品なんだよな~)

 (May 26, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する