Impressions MENU

DISARMONIA MUNDI / Mind Tricks (2006)

投稿日: 2006/06/20

イタリアの天才マルチ・プレーヤ Ettore Rigotti (g,b,dr,vo,key) が主宰するエクストリーム・メタル・バンド DISARMONIA MUNDI の 3rd アルバム。

フューチャリスティックな光沢に輝く SOIL WORKIN FLAMES を小さじ一杯振り掛けたスマートな激烈メタルは健在で、さらにアグレッションを増すとと同時に、印象的な旋律美を司るコード感から読み取れるオーセンティックなハード・ロック/ヘヴィ・メタル風味の強調が実に美味しく響いてくる。

クオリティは間違いなくUPしてるし、前作同様 Ettore の友人が弾きまくる上質なネオ=クラシカル・ギターにも悶絶を誘われる・・・んだけど、前作のインパクトがあまりにも絶大だっただけに、この新作の「予想の範囲内」と思える内容に、贅沢にも物足りなさを感じてしまうですよ。。

Bjorn 'Speed' Strid (vo/SOIL WORK, TERROR 2000) と Claudio Ravinale (vo,lyrics) によるツイン・デス・ヴォイスと Ettore のメロディックなクリーン・ヴォイスが絡み合う“トリプル・ヴォーカル体制”にしても、効果的なコントラストを格好良く描く場面も確かにありながら、全体的に歌パート多杉!と辟易したくなるようなネガティヴ・ポイントでもあるんだよな。

と、チョイと気になるトコロについ着目しちゃいつつも、なんだかんだ言って烈しくリピート中だったりするんだけど。(^o^;

 (Jun, 14, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 81
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する