Impressions MENU

MODEST ATTRACTION / Modest Attraction (1999)

投稿日: 1999/03/20

本作は、かのスウェディッシュお約束ネオ=クラシカル様式 HR バンド NARNIA のシンガー Christian Liljegren が在籍するバンド MODEST ATTRACTION が残した "The Truth in your Face"(94), "Divine Laxuary"(96) という2枚のアルバムから抜粋して再構成したものだ。
ここで聴けるのは、ハモンドオルガンとワウ・ギターが時にアグレッシヴに、時にプログレッシヴに、時にファンキーにロックンロールする、生々くも原始的なハードロック。その印象はバンドのイメージを決定付けるのに一役買っているファルセットによる華麗なコーラスワークのせいか、DEEP PURPLE というよりは URIAH HEEP の趣。
恐ろしくレイドバックした雰囲気を漂わせているが、スピーディーな疾走パートが多かったり、ほんのりと北欧ハードポップのキャッチーさをも漂わせているなど、それなりに現代を感じさせるクオリティになっているのが面白い。
ただ、本来のバンドの魅力とは少々異なる味付けであろう、大作 "15Years"、疾走クラシカルな "Troubled Child"、哀愁 HR 的なテーマリフが美味しい "Everyone's a Star" といったラスト3曲が特に輝いているのが何とも・・・。(99/03/31)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 74
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する