Impressions

SUMMONING / Oath Bound (2006)

投稿日: 2006/05/20

Protector (vo, g, key/ICE AGES etc. ex-PAZUZU)、Silenius (vo, b, key/AMESTIGON etc. ex-ABIGOR, PAZUZU) の2名によるオーストリアの指輪系アンビエント・ブラック・メタル・ユニット SUMMONING の 6th アルバム。

壮大に作り込まれた不吉で邪悪なオーケストレーションの奥でくぐもったデス・ヴォイスが呻く「中つ国サウンド・トラック」は本作でも変わりようはなく、かの世界が淡々と描写され続ける様は、真性の“指輪者”として幻想的なイマジネーションを程よく刺激されつつも・・・正直やっぱ単調に感じてしまうのも事実だったり。。ま、その無駄に冗長なトコも含めて SUMMONING の魅力だもんな。(苦笑)

そうは言いつつも、これまで以上にギターの音色が聴こえるようになった楽曲群には、そのせいで今回は意外とメリハリが生まれているかも。中でも、オーク語で歌われた(ってどんなんや!?って思うけど確かにそれっぽい ^-^;)オーク戦士達の哀しき行進曲 #3 "Mirdautas Vras" は結構ツヴォ。角笛最強ッ。

 (Apr. 29, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する