Impressions MENU

WIDOW / On Fire (2005)

投稿日: 2005/12/21

米ノース・カロライナのヘヴィ・メタル・バンド WIDOW の 2nd アルバム

シンコペーションが炸裂する 80's クラシック・メタルのオーセンティックな味わいに前身バンド SORROW BEQUEST 譲りの絶叫デス・ヴォイスがエクストリームなエッセンスを振りかけるこの WIDOW ならでは独特のサウンド・スタイルは前作同様。

その上に、本作では Lili 嬢なる女性シンガーを迎えてさらに個性的なスタイルに挑戦しているが・・・う、う~ん、ちょっと空回り気味?(困) その Lili 嬢が下手ではないがさほど上手くもないことに加え、隙あらば叫びを上げるデス・ヴォイス(ウザイ!/笑)との相性もイマイチで、ドラマーが致命的に下手なのも手伝って全体的にとっ散らかった雑な印象が支配してしまっている。。。

メランコリックな叙情メロディを紡ぎ続ける2本のギターのウェットなテクニカル・プレイが前作以上の悶絶感に包まれているだけに、このアマチュア・レベルのドタバタ感は至極残念・・・。

 (Mar. 12, 2005)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 69
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する