Impressions MENU

AMARAN / Pristine in Bondage (2003)

投稿日: 2003/12/20

女性ヴォーカルを擁するスウェーデンのエクストリームなゴシック・メタル・バンド AMARAN の 2nd アルバム。

昨年の夏あたりに、Kari Kainulainen (g) から「日本でのディールを探してるんだけど、どっかにチャンスないかなぁ?」なんてメールを貰ったりしたこともあったけど、今回めでたく MARQUEE/AVALON から日本盤をリリースできたってわけね。ヨカッタヨカッタ。

2人のギタリストによる耳を惹くテクニカル・メロディック・プレイをたっぷりと織り込んだ攻撃的な爆烈リフが有機的にうねるリズム隊と共に音圧高く責めたてるソリッドなバックの上で、激萌え美女シンガー Johanna De Pierre タンの程好い力強さを備えたクリーンな歌唱が舞うという・・・概要は前作同様ながら、それぞれのプレーヤのスキルの向上とそれが可能にした「退き」を意識した緩急の妙が、確実にステップ・アップを感じさせるイイ感じの仕上がり。

前作は「ゴシック」という形容が不似合いなほどにメタリックな音像だったんだけど、本作ではメロディックに展開する柔和さの増加が、依然「硬質」と言えるサウンドの中で「ゴシック」な香りをふっぷりと振り撒いているのが嬉しい限りだ。#9 "Crow Me" なんか、"Nighttime Birds" の時期の THE GATHERING みたいでゾクゾクするもんね。

メタリックなパッションが炸裂するゲインの高いバックの上で Johanna タンが浮遊させる歌メロが NEVERMORE 的な煮え切らなさに満ちていたり(でも美貌で帳消しできるから一切問題なし/馬鹿)、センス的には文句無しに高いレベルのギターがプレイ(特にピッキング)的にはやや粗めだったり、必要以上に凝った展開をしない比較的シンプルな作りの楽曲の流れがやや淡白なものだったり・・・ってな気になる点はあるものの、同じ方向をしっかりと見据えたプレイヤ全員の気合いが生む高揚感がそれらを上手くカヴァーしている・・・と、良い所を捉えたくなる感じ。

ゲストの Jorgen Sandstrom (THE PROJECT HATE, ENTOMBED) のデス・ヴォイスをフィーチュアした #6 "Katharsis" は、全体を包むアグレッションと女声が彩るゴシカルな優美さ、そして泣きのギター・プレイがバランス良く融合した名曲!
 (Dec. 19, 2003)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 83
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する