Impressions MENU

DRAGONLORD / Rapture (2001)

投稿日: 2001/07/20

またもや XaMETAL の守護神である DRAGON の威光を得んとせんがため、その名をバンド名の一部に冠したコッテコテな XaMETAL の登場かぁッ!? と思いきや、この DRAGONLORDTEATAMENT の中心人物である Rhythm Guitar Player Eric Peterson による U.S. Symphonic Brutal Technical Melodic DeaThrash Project だった。
脇を固めるのは Steve DiGiorgio & Jon Allen っつー元 SADUS の超絶 Rhythm Unit、Technical Guitar Player Steve Smyth (ex-VICIOUS RUMORS)、そして Keyboard に Lyle Livingston (PSYPHERIA) というあまりにも強力な布陣。
それにしても凄い。DIMMU BORGIR そして EMPEROR に代表される Symphonic Black Metal の味わいを、歴戦の U.S. メジャー軍団の経験と体力に裏付けられた整合感で調理したその垢抜け具合満点の Sound には、聴くたびに身体の芯を震わされるわ。
リフのコード進行の不気味な美しさを助長する程よい Synth Arrange が醸し出す仄かな耽美 Gothic の味付けを伴った、研ぎ澄まされた剃刀の切れ味を併せ持った鈍重な大鉈の如き殺人 Riff と、Full Power で 8 Beat を刻む時と何ら変わらぬ Hit の強さ& Volume で迫り来る驚異的超絶突撃 Blast の気持ちいいこと気持ちいいこと。Steve DiGiorgio の図太くのたうつ Fretlass Bass を堪能できるポイントが彼の参加したここのところの作品の中でもかなり多めなのも嬉しいし、Eric Peterson 自身が発する絶叫一歩手前の Death Voice もなかなか様になっているし。そして Steve Smyth の Guitar Play ! 振幅の大きな Vibrato を武器に、フレーズ中に Harmony を効果的に絡めて緩急見事に煽情力の高い Solo Part を構築する様は勝手に「Andy LaRocque の正式な後継者」に認定だ。そういえば、そのせいかなんだか全体的に KING DIAMOND っぽさも感じるな。
と心酔しつつも、似通った楽曲が多かったり Steve Smyth の見せ場がもっと欲しかったりと要求はなくもないが、まずは満足以上の快心の出来といっていいだろうな。今後は Serious な Band として継続してゆくとのことなので、さらに期待ナリ。
剣を構える Eric Peterson が普通のTシャツなの以外は(汗)完璧に近い耽美な Artwork も好感度高い!

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 92
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する