Impressions MENU

THE FLOWER KINGS / Scanning the Greenhouse (1998)

投稿日: 1998/09/20

オランダの KAIPA のギタリスト Roine Stolt 率いる新進プログレッシブ・バンドのベスト盤。輸入盤で探していたが、なんとこの度、めでたく国内盤リリースと相成って万事OKナリ。
FLOWER KINGS ・・・ こんな凄いバンドを知らなかったなんて何たる不覚!
そのサウンドは、彼等を取り巻いている北欧ネオプログレ一派に漂う暗くアンダーグラウンドな禁断の香りとは全く趣を異にするカラフルで華やかなものだ。
キャッチー極まりない牧歌的なメロディを紡ぐ John Wetton 味の歌声を中心に据えためまぐるしく展開する楽曲は、徹底した大作主義によって緻密に作り込まれていて、ドリーミングで絵画的でその上にとてつもなく垢抜けている。敢えて言うならば IT BITES にワールド・ミュージックの素朴さを絡めて GENESIS の壮麗な緻密さで仕上げた雰囲気で、ほのぼのとした心地よい肌触りと、テクニカルかつシンフォニックな緊張感に満ちた側面が互いに背中を合わせつつ、見事に融合している。 Roine Stolt の、意外にもメタル・エッジの効いたテクニカルな叙情ギターも良いアクセントとして機能しており「聴きどころ」といえるだろう。
コリャ、4枚存在するスタジオ盤を GET せにゃなるまいゾ。
ちなみにボーナストラックとして GENESIS"Cinema Show" の見事なカヴァーを収録している。
あ、あと海から岩の突き出た CG のジャケットはもうそろそろ勘弁して下さい。(苦笑)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 85
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する