Impressions MENU

THE SIGN / Signs of Life (2000)

投稿日: 2000/11/20

TOUCHMark MangoldZEBRARandy JacksonKANSASBilly GreerRAINBOWBobby Rndinelli、そして STRANGEWAYSTerry Brock ・・・こーゆーのを「スーパー・グループ」って当然のように言っちゃう我々の歪んだマニア魂が大好き。(笑)
冒頭の、壮麗な QUEEN 的コーラスワークが渦巻く、A.O.R.プログレ・ハードの粋を結集したようなドラマティックな大曲 "I'm Alive" をはじめ、BOSTON, KANSAS, JOURNEY らのアメリカン産業プログレの美味しいテイストを適度に(モロに/苦笑)採り入れた楽曲はヴァラエティに富んでいて、気合の入った曲はもちろん、普通ならやり過ごしてしまいそうな「乾いた系」の曲でも、インストゥルメンタル群の緊張感と質の高いフックに溢れた愁いのメロディがバランスよく統合された、なぜだかカナダっぽさ(ってなんだ?/笑)満点の出来。
シンガー Terry Brock の、ブルーズ・マインドを備えながらハイ=ノートでは繊細で伸びのある透明感を発散する歌唱は、まさに伝説と語られてきたのが一聴して納得できる凄みに満ちている。流石だね。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 80
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する