Impressions MENU

RICHARD ANDERSSON'S SPACE ODYSSEY / Tears of the Sun (2006)

投稿日: 2006/12/20

スウェーデンが誇る鍵盤魔人 Richard Andersson 率いる SPACE ODYSSEY の3rdアルバム。

作毎にスタイルを変化させている彼らだが、前作を最後に離脱した Nils Patrik Johansson (vo/WUTHERING HEIGHTS, ASTRAL DOORS) の後任として ANDROMEDA のシンガー David Fremberg を迎えた本作では、その DavidTony Martin (ex-BLACK SABBATH), David Coverdale (WHITESNAKE) を思わせるなかなかな巧さを漂わせる熱唱に合わせてか、後期 BLACK SABBATHWHITESNAKE を連想させる(≒ネタ元とした/苦笑)70~80年代型の王道ハード・ロックを標榜することにしたらしい。

David の歌唱は、前任者ほどではないにしろ「暑苦しい系」とも呼べそうな雰囲気を醸し出してて、その交代による違和感は意外なほどに少ない感じ。・・・ってか、それ以前にバンドの路線的に違和感あるだろ。(汗) Richard 自身や Magnus Nilsson (g) によるテクニカル・プレイのスリルを抑えてまでこの路線の音楽をこの名義でやることの意味がよくわからないんだけど・・・ま、質的にはソコソコに楽しめるものに仕上がってるのは確かなので、これはこれでいいか~。

 (Dec, 03, 2006)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 79
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する