Impressions MENU

DIVINE SOULS / The Bitter Selfcaged Man (2002)

投稿日: 2002/12/20

スウェディッシュ・メロディック・デス・メタル・バンド DIVINE SOULS の2作目は、前作同様やっぱり "Whoracle""Colony" 期の IN FLAMES そのもの。
本家よりさらにメロウなツイン・ギターのハーモニーがシンコペーションするノリノリなヘヴィ・メタルは、当時の IN FLAMES に多大な魅力を感じているオレにとってはそれなりにアピールしては来るんだけど・・・うーん、イマイチ。
その主な理由は、楽曲のパターンがあまりに画一的なのとシンガー Mattias Lilja の迫力の無いひしゃげた声の聞き苦しさかな。あ、演奏に不安を感じるレベルの拙いギター・プレイのせいでもあるわ。
どれだけ他のバンドに似てようがその部分については気にしないとしても、曲/プレイが共につまらないのは・・・ツラいッス。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 59
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する