Impressions MENU

SENTENCED / The Cold White Light (2002)

投稿日: 2002/06/20

フィンランドが誇るメランコリック絶望自殺メタル(苦笑)の頂点 SENTENCED の 7th アルバム。
巷では評判だった前作 "Crimson" に対して、好みではあったもののイマイチ響き方が足りなかったって感覚を得てた "Amok" マンセーな保守派 koh たんとしては、本作もそれレベル+α程度であれば充分だな・・・って気軽な気持ちで臨んだんだけど、コレがヤヴァいほど痛々しく心に突き刺さってくるじゃないですか。
もはやかつてのようにデス・ヴォイスは一切使われていないにも関わらず「これが真の意味でのデス・メタル!」と呼びたくなるほど死の香り満載の楽曲が、荒涼たる凍土の大地に人生最期の涙を撒き散らしながら鳴り響く様子は、半端じゃなく感傷的な空気を北欧の果ての地から運んでくる。
とにかく、シンガー Ville Laihiala の漢の哀しみを湛えまくった色気たっぷりの絶望歌唱(ってなんやそれ/苦笑)と Miika Tenkula & Sami Lopakka のギターコンビが前作以上に丁寧に綴る泣きの旋律(しかも最高の音色!!)が冴え渡る佳曲が満載なんだな。
どの曲でも聴かれるキャッチーなメロディに近年フィンランドを席捲するノリノリ・ゴシック風味の強まりを感じつつも、あくまで漢っぽくあくまで冷ややかなその激情の棘を隠そうとしない楽曲群は、鳥(?)の鳴き声に哀しみのアルペジオが被さる #1 "Konevitsan Kirkonkellot" からその哀感が爆発する #2 "Cross My Heart and Hope to Die" に始まり、哀感たっぷりにドライヴィングする #4 "Neverlasting"(キャッチーなコーラスがナイス!)に代表される佳曲揃い。
まぁ、全体的に似通った曲調なんで、マクロな視点で眺めればその緩やかな抑揚が物足りない面もあるといえばあるんだけど、オレをやっと "Amok" の呪縛から逃れられさせた本作の功績は、何にも替え難くデカイな。(嬉) うーん、7年かかったし!(苦笑)

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 87
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する