Impressions MENU

PEGAZUS / The Headless Horseman (2002)

投稿日: 2002/06/20

オーストラリアン・ピュア・メタル・バンドの 4th アルバム。
IRON MAIDEN, JUDAS PRIEST のコアな部分を具現化した、単調なリフがミドルテンポで邁進する、4ピース編成ならではのシンプルかつキャッチーな80年代型実直ヘヴィ・メタルは相変わらず一点の曇りも無い。
我々オッサン・メタラーにとっては、このオーセンティック極まりないピュア・メタルには無条件で心躍るものがあるのは事実なんだけど(時々聴かれる New Wave of British Heavy Metal 風味のツイン・リードはたまんネーもん)、前作同様に楽曲/プレイ両面においてあまりにもひねりが無さ過ぎるのが致命的なんだよな。その心意気は痛いほど伝わってくるんだけど。
あとは、前作までナカナカの歌唱を聴かせていたシンガー Daniel Cecati の脱退がやっぱ残念。後任の Rob Thompson は、そのゴッツい漢系のルックスからとは裏腹なショボめのハイトーン歌唱(下手ではないんだけどね)なんで、そのせいでなんだか全体の印象が「押しの弱い GRIM REAPER」ってな感じになってマス。

  • いいね! (0)
  • よくないね! (0)
満足度 : 62
作品を探す 最新の投稿を見る
アーティスト名で一覧する ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ#0-9日本語
リリース年で一覧する
満足度で一覧する
フリーワードで検索する